« 100-8 金鱗湖(大分県由布市) | トップページ | 100-10 豆田上町通り(大分県日田市) »

2019.12.17

100-9 豆田御幸通り(大分県日田市)

10009kysmmh

九州のほぼ中央に位置する大分県日田市の中心地である豆田町(まめだまち)は、江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」で、今なお往時を偲ばせる古い建物や町並みが数多く残っているエリアです。1983年に豆田地区町並み保存推進協議会を設立し、町並み保存運動を行ってきた結果、2004年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

豆田町は南北2筋、東西5筋の通りから構成されていますが、南北筋の一つであるこの御幸通り(みゆきどおり)は、電柱を撤去して地下に埋める工事を行い、より伝統的街並みを再現したことにより、国土交通省の2001年度の美しいまちなみ大賞(「都市景観大賞」の後継)を受賞しています。

ほんの小さなエリアに古い建物が密集しているので、昔はほんとうに中心街らしい賑わいが感じられる場所だったのでしょう。

|

« 100-8 金鱗湖(大分県由布市) | トップページ | 100-10 豆田上町通り(大分県日田市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-20 九州北部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100-8 金鱗湖(大分県由布市) | トップページ | 100-10 豆田上町通り(大分県日田市) »