« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020.03.30

101-12 「本庄早稲田の杜」の風景(埼玉県)

10112knthwm

2004年、上越新幹線熊谷・高崎間に「本庄早稲田駅」が新たに設置されたのに合わせ、周辺約64.6haにわたり土地区画整理事業が行われて生まれた街がこの「本庄早稲田の杜」です。地区内には「マリーゴールドの丘」と呼ばれる公園が整備され、「新都心拠点ゾーン」にはショッピング・モール(ベイシアゲート)が誘致されています。

画像は駅南口の風景ですが、こちら側には駅名の由来となった早稲田大学本庄キャンパス(早稲田リサーチパーク)がもともと存在しており、そちらへ植栽帯と自転車道を備えた幅員30mの街のシンボル軸「中央通り線」が通じています。画像奥に見える建物は大学敷地内の学術研究施設「早稲田リサーチパークコミュニケーションセンター」、手前側の建物は「早稲田リサーチパークと連携した研究開発・産業集積を図る」とされる「産業業務拠点ゾーン」内に建つホームセンター大手「カインズ」の本社ビルです。両者の間に事業区域内外の境界はあるはずなのですが、街並みとしては連続性が感じられます。ゆったりとした土地の使い方と爽やかな緑、堂々とした佇まいの建物が郊外のキャンパスのようにアカデミックな雰囲気を醸し出している、新しい街の風景です。

| | コメント (0)

2020.03.29

101-11 秩父鉄道長瀞駅(埼玉県)

10111kntnts

長瀞(ながとろ)駅は、「ライン下り」で有名な長瀞渓谷をはじめ数々の観光名所を有する長瀞町の拠点となっている駅です。そしてこの駅を通る秩父(ちちぶ)鉄道は、自然豊かな埼玉県北部を東西に横断して人気の観光地を結ぶ、総延長71.7kmのローカル私鉄です。

鉄道や駅施設は、時代を追うごとにどんどん巨大化していく傾向にあるように思います。「輸送力増強」と言ってはプラットフォームが長くなり、「交通渋滞解消」のために高架化され(あるいは線路が地下深く潜り)、鉄道会社の「収益力向上」のために駅ナカ商業施設が設けられ、「バリアフリー対応」としてエスカレーターやエレベーターが増設され…。

そんな変化の激しい時代の流れに取り残されたかのように、この駅にはエスカレーターやエレベーターはおろか、線路の向こう側へ渡る跨線橋すら設けられておらず、昔ながらの駅のスケール感を保ってくれています。ちなみにここは、「開業当時のままで残され、歴史を物語る木造建築の駅」として、「関東の駅百選」の第1回選定駅となっています。

| | コメント (0)

2020.03.28

101-10 001系電車(西武鉄道)

10110kntlvw

今回は、ここ数日取り上げてきた埼玉県狭山市、入間市、飯能(はんのう)市や、次回取り上げる予定の秩父(ちちぶ)地方へのお出かけの際に是非乗っていただきたい、西武鉄道の特急車両をご紹介したいと思います。この001系電車は「Laview(ラビュー)」という愛称で、「今までに見たことのない新しい車両」を実現すべく、世界的建築家・妹島和世(せじまかずよ)氏(建築家ユニット「SANAA」の運営者でもあります)の監修のもと開発され、2019年3月に運行を開始したばかりです。

この車両の斬新な点は、大きく3つあると私は思います。

1つ目は、シルバー・メタリックの塗装を施したアルミニウム合金製の車体外装で、「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込むデザイン」を実現するため、写り込み具合にも工夫し、特色のある素材感を追求したそうです(実物よりも、完成予想イメージ図のインパクトの方が大きかったのですが)。2つ目は、大胆なカーヴを描く先頭部の曲面デザインで(グロテスクな感じがしてあまり好きではないので、今回映していませんが)、国内初となる曲線半径1500mmの大きな三次元の曲面ガラスを採用しています。

そして最後は何と言っても大きな側面の窓で、縦1350mm×横1580mmというサイズです。天窓のように上に長く窓を伸ばした鉄道車両は時々見かけるのですが、どうして窓は下に伸ばさないんだろう、と私は常々疑問に感じていました。車体の強度が落ちるとか、あまり足元を見られたくない、といった理由は思い浮かんだのですが…それがこの車両の登場によって、私の不満は一気に解消されました。明るい白い壁に、身体を包み込むソファーのようなあたたかみのある黄色いシートが並ぶ車内はまるでリヴィング・ルームで(私は実際こんな家に住んだことはないのですが…)、足元近くまである大きな窓から流れていく沿線風景を大パノラマで楽しむことができました。

| | コメント (0)

2020.03.27

101-9 メッツァビレッジ(埼玉県飯能市)

10109kntmvl

前回(101-8)ご紹介したムーミンのテーマパーク「メッツァ」の無料エリアの風景です。

澄み切った青空のように爽やかな、日本ではなかなか見かけない色調のブルーに塗られた外壁の建物が映っていますが、このような小さな建物が湖畔に点在し、北欧ブランド雑貨(や新鮮な地元野菜…)、工芸品などのショッピングを楽しめるマーケットをはじめ、北欧風の飲食を堪能できるレストラン、ものづくりやアートを通じたワークショップ(工房)など、ゆったりとした自然環境、のんびりとした雰囲気の中で北欧のライフスタイルが体験できる施設となっています。南欧や西欧はともかく、北欧風の商業・娯楽施設って、日本ではまだあまり多くないように思うので、希少性が高いのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020.03.26

101-8 宮沢湖とメッツァ(埼玉県飯能市)

10108kntlmm

宮沢湖は、埼玉県立奥武蔵自然公園内に位置し、1941年にダムが完成した周囲約2kmの人造湖です。湖畔には西武グループによるレクリエーション施設が整備されていましたが2008年までに営業を終了し、10年ほどの空白を経てその跡地に、海外初進出となるムーミンのテーマパーク「メッツァ」の内、無料エリアの「メッツァビレッジ」(画像の湖の手前側)が2018年に、主要エリアである「ムーミンバレーパーク」(画像の湖の対岸)が2019年にオープンしました。

「メッツァ」とはフィンランド語で「森」という意味で、ムーミンの世界観を表現するために森と湖のあるこの地を進出先に選んだそうです。埼玉(関東地方)の気候風土や植生で北欧の雰囲気が味わえるのか懸念していたのですが、私が訪れたこの初夏の日は青空と緑が爽やかで、思ったほどの違和感はありませんでした。

| | コメント (0)

2020.03.25

101-7 ジョンソンタウン(埼玉県入間市)

10107kntjst

郊外の住宅地の中にある「ジョンソンタウン」は、緑豊かな約25haの敷地内に80ほどの平屋の建物が並んでいます。その内の23棟は、近隣にあった米軍基地(ジョンソン基地)に勤める米軍属用の住宅として1954年に建てられた「米軍ハウス」で、三角屋根にペンキで白く塗られた横張りの板壁、ウッド・デッキを備え、「アメリカ風古民家」といった趣を残しています。そこに「米軍ハウス」の雰囲気を継承しつつ現代的基準で新築された「平成ハウス」と呼ばれる建物が30棟以上加わり、地区の景観の調和を保っています。

ジョンソンタウンには、この古き良き時代の米国の田舎町のような風景に惹かれて移り住み、アメリカンなライフスタイルを満喫している約130世帯・200名以上の住民がいます。面白いのは単なる住宅地ではなく、ここで飲食店、物販店、サービス業を営んでいる方もいるということで、その数は60軒以上になり、カラフルな英語表記の看板が並ぶアメリカンな雰囲気の中でショッピングや飲食、散策が楽しめる「街」として人気を博しています。元々が住宅地として開発されているので、メイン・ストリートとなるような線状の商店街が形成されているわけでも、地区の中心となるような大きな広場があるわけでもなく、面的で均質に広がった静かな住宅街の中に馴染むように店舗が点在しているのが魅力です。

ここの歴史をたどると、1978年に基地が米国から返還され米軍属が撤退し、空き家になった米軍ハウスには日本人が住み始めるようになりましたが、その後は荒廃しスラム化が進んでしまったようです。住宅を建設し賃貸・運営してきた企業が1996年、残された米軍ハウスを保全・改修し、店舗や住居用として入居者を募り新しい街をつくるという方針を決め、2004年以降徐々に「平成ハウス」の建設も進めていき、現在のような個性的で魅力ある街が生まれたのです。こうした取り組みが評価され、2015年には国土交通省後援の都市景観大賞「都市空間部門」において、大賞(国土交通大臣賞)を埼玉県内では初めて受賞しています。

| | コメント (0)

2020.03.24

101-6 狭山市駅西口市民広場(埼玉県)

10106kntscp

狭山(さやま)市は東京都心40km圏にあるベッドタウンで、ここ西武新宿線狭山市駅は特急を含む全列車が停車する同市の代表駅となっています。この駅の西口約2.9haのエリアでは市街地再開発事業が行われ、平成24年に完成しています。

鉄道の駅前が再開発されると、交通広場から線路と直交するようにバス通りがまっすぐ伸びていくというパターンが多いように思いますが、ここではバス・ロータリーのある駅前広場の先に芝生を備えた公園のような4,000㎡のこの「市民広場」が設けられ、駅から市街地へと人の流れを誘導する緩やかにカーヴした歩行者空間が整備されているので、他の街とは感じが違い、静かで開放感があって自然豊かな郊外を感じさせる駅前風景が広がっています。

またこの地区は河岸段丘上に位置しており、入間川へと向かって緩やかな下り坂となっているという地形条件に加え、駅と再開発ビル群を結んで地区全体を包むかのようなペデストリアン(歩行者)・デッキも整備されているため、空の広さを意識させるような立体感ある風景が創出されています。

| | コメント (0)

2020.03.23

101-5 ショッピングセンター ソヨカふじみ野(埼玉県)

10105kntssf

駅を降りると中央にオブジェを配した交通広場があり、その両側には街のゲートとなるようなツイン・タワーが建っていて、広場からは鉄道線路と直角の方向に真っ直ぐで幅の広い歩行者専用道路が伸び、その両側には寺社の参道のように商業施設が建ち並んで、通りはその終点で「本殿」にあたるような大きな公園に突き当たる…。現代において、鉄道駅を中心に造られた新しい街の空間構成は、こんな感じになっているケースが多いと思います(※)。土地区画整理事業が行われたこの地区もそんなまちづくりの典型例と言えます…。

…そこにちゃんと駅があれば、ですが…。

…というのも、鉄道(東武東上線)は通っているのですが1993年に設けられた新駅はこの旧・大井町内ではなく、300m先の「富士見」市域内に奪われてしまったようで(?)、その駅は市名にちなんで「ふじみ野」と命名されました。ところが2005年にこちらの旧・大井町と旧・上福岡市の合併によって成立した新たな市が、逆に隣の市内にある駅の名を奪い返すかのように(?)「ふじみ野」市を名乗ってしまうという、ややこしく嫌がらせのような状況が生じているようで、合併協議すら進んでいたにもかかわらず破談に終わってしまったという「ふじみ野」「富士見」両市間の関係の険悪さが窺えます…。

というわけで駅の誘致に失敗した結果、この広場状の土地はオブジェの周りをバスやタクシーが通ることもなく、目の前を電車が通過していくのが見えるだけの単なる公園となってしまっているのが、実に興味深く感じられます。そして、現在は「ショッピングセンター ソヨカふじみ野」となっているゲートの先の商業施設も、2011年に閉店してしまいましたが元々は「リズム」という、1993年に開業した記念すべき日本初のアウトレット・モールであったり…と、様々な挫折を味わっている街です。

 

※関連バックナンバー
 96-9「那覇新都心の緑道」50-3「パルテノン大通り」

 

| | コメント (0)

2020.03.22

101-4 みさと公園(埼玉県三郷市)

10104kntmst

昭和59年に開設された、面積16.9haの県営公園です。数年前あるTVドラマを見ていて、そのロケ地となっているこの公園の、静かに淀んだ水辺に背の高い木々(メタセコイア)が立ち並ぶ、ドラマのテーマにマッチした、どこか寂し気で日本国内っぽくない風景が気になっていました。駅から遠くて行きづらいと思っていたのですが、つくばエクスプレス沿線を訪れる機会があったので、そのついでに途中下車して、それなりの時間バスに揺られて来てみました。

この公園の、池の向こう側にも行ってみようとしたのですが橋らしきものが見つからず、園内の案内図にも対岸についての情報が全くないのでおかしいな、と思っていたのですが…この池は約260年前の江戸時代、江戸川と中川の間に水害防止と灌漑のために造られた小合溜井(こあいだめい)という池らしく、対岸は東京都立の「水元公園」(こちらの方が知名度は高そうです)という別の公園で、つまりこの池は都県境になっているのでした。風景としては一体感があるのですが、行政区域が違えば管理者も異なるためか、両岸は容易に行き来できないようになっています。それどころか境界を巡る紛争すらあり、未確定となっているようです。

そういえば、細い用水路を挟んで埼玉県に接している東京都足立区の北部地域を地図で見てみると、埼玉方向へ延びる真っ直ぐな道が、用水路を境に所々で分断されている様子がわかります。市街地としては連坦しているのですが、わざと橋を設けずサイタマの侵略を防いでいるかのようにも思えます(笑)。

| | コメント (0)

2020.03.21

101-3 流山おおたかの森駅前(千葉県)

10103kntnom

流山おおたかの森駅は、2005年のつくばエクスプレス(TX)開通時に、東武野田線(東武アーバンパークライン)との交点に設置された乗換駅で、TXを走る全列車が停車し、東京都心側のターミナルである秋葉原駅からは快速で約30分、利用客数は沿線第3位という主要駅となっています。TXは計画的な宅地開発との一体的な推進を目的に新設された鉄道ですが、この駅周辺も沿線の中核地域、流山市における新拠点地区と位置づけられ、都市再生機構により面積285.8ha、計画人口28,600人という大規模開発が行われています。

画像のとおり、駅南口は郊外のニュータウンらしく歩行者空間が広く取られた駅前広場となっています。その広場に面して(画像左側)商業施設が建っていますが、これは東京・世田谷の玉川高島屋SCと同じく高島屋系列の「東神開発」が運営する「流山おおたかの森SC」です。延床面積が100,000㎡を超えるという巨大な建物なのですが、外観は小さな建物がいくつも集まったかのように「分節化」されるとともに、歩行者空間に対して雁行配置(がんこうはいち・斜めにずらして並べること)され、ヒューマン・スケールが意識されています。外壁の色づかいも暖かみがあり、木材が多く用いられ、外周部が積極的に緑化されるなど、親しみやすい建築となっています。

| | コメント (0)

2020.03.20

101-2 成田国際空港第3ターミナル(千葉県)

10102kntnrt

東京のみならず、日本の空の玄関の一つとして機能している成田国際空港において、2015年に供用を開始したLCC(格安航空会社)専用のターミナルビルです。

施設使用料を安く抑えたいLCC側の事情に配慮し、徹底して無駄な装飾を排しコストを抑えた簡素な建物となっていますが、工場や倉庫を思わせるその殺風景さが逆にクールなカッコよさを感じさせてくれる上、まだ新しいので宇宙基地の内部のような近未来感すら漂っています。そして間近に控えている東京オリンピック・パラリンピックの開催を意識してか、床面が陸上競技場のような青と赤茶色のゴムチップ・トラックとなっており、色分けによって出発と到着の動線をわかりやすく示しているのにも遊び心が感じられます。こうした工夫が同年度のグッドデザイン賞で高い評価を受け、国内の空港としては初の金賞を受賞しているそうです。

ところで、この施設の計画には当初から「良品計画」が関わっており、フード・コートやゲート・ラウンジに無印良品のソファー・ベンチが導入されているのですが、LCCだから無印「でいいや」という発想なのでしょうか? 私にとっては、自宅の家具をすべてMUJIで揃えるなんて、夢のような贅沢なのですが…。

| | コメント (0)

2020.03.19

101-1 三井アウトレットパーク木更津(千葉県)

10101kntmop

三井アウトレットパーク(MOP)木更津は、2012年の開業後2度の拡張を経て、現在店舗数が300を超えているという国内最大のアウトレット・モールです。この地域には高い山がなく、周囲には平坦な田園地帯が広がっています。そんな広い空の下に展開されているこの屋外型商業施設には、どこか米国西海岸の高級ショッピング・モールのような明るさが感じられます。

このMOP木更津が立地しているのは、はるか昔に当サイトでご紹介したこの場所の近くで、つまり「東京湾アクアライン」の着岸地にあたります。1997年以前、東京都心部からここまでは東京湾北岸を周回するために7080km程度の移動距離を要していましたが、湾を横断するアクアラインの開通によりそれが40km程度へと短縮され、東京都心や羽田空港からのアクセス性が格段に向上しました。開通当初はわずか15kmの距離で普通車4,000円という「法外な」通行料金がネックとなって利用が伸び悩んでいたアクアラインですが、2020年現在800円(ETC使用の場合)という常識的な料金にまで値下がりし、交通量は増加しています。そしてこれにはMOP木更津の開業との相乗効果も大きいようです。

アクアライン開通直後の木更津市の経済は惨憺たる状況で、旧来からの商業中心であったJR木更津駅前ではそごうやダイエーなどの大型店舗が相次いで撤退し、集客力を失った商店街はシャッター通りと化して、1999年~2003年にかけて地価下落率が東京圏で1位となったほどでした。しかし、アクアラインを経由して東京都心方面とを結ぶ高速バス路線が年々充実していき、市内にパーク・アンド・ライド(出発地から自動車を利用し、途中でバスなどに乗り換えて目的地まで移動する方式)を想定したバス・ターミナルも整備されて、高速バスが鉄道と並ぶ通勤の足として利用されるようになり、この地域から東京都心部への通勤者が増加するようになりました。東京が近くなったにも関わらず不動産価格は比較的安く抑えられ、豊かな自然にも恵まれていることから、近年木更津市は近隣自治体などからの移住者が増え、20132019年で約10%という千葉県内でも有数の人口増加率を誇る自治体となっています。またこのMOP木更津を皮切りに、一帯では大型商業施設の進出が相次ぐとともに、新たな宅地造成が進み、市内の公示地価は5年間で15.4%という上昇を記録しているそうです。

こうして昔ながらの中心市街地の衰退を尻目に、市の商業中心はアクアライン等に接続する道路沿いへと移っています。このMOP木更津はそうした「新しい木更津」の象徴のような施設と言えるでしょう。

| | コメント (0)

2020.03.16

アーバン・ツアーズ 2020春の祭典SP 「関東の風景」

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私は、今日3月16日から久々に海外へ出かけるはずだったのですが…昨今の社会情勢・国際情勢を鑑みいろいろ考えた結果、キャンセルすることにいたしまして…。

だからというわけでもないのですが、今回の「アーバン・ツアーズ 2020春の祭典SP」では、私にとっては近場である、関東地方を取り上げたいと思います(比較的最近ご紹介した東京・神奈川は除きます)。

「都道府県の魅力度ランキング」のような調査が行われるたびに、千葉県はともかく、群馬・栃木・茨城に埼玉を加えた北関東4県は揃って毎年下位を独占してしまっています。「翔んで埼玉」なんていう映画もヒットしましたね。関東地方にばかりこうした「魅力がない」とされる県が集中してしまっているのはいったいなぜなのでしょう。東京から近すぎる分、遠くから宿泊してでも訪れたいと思うような観光資源に乏しいと思われているのでしょうか。

今回のシリーズでは、そうしたメジャーな観光地にこだわることなく、関東各地の魅力的な風景をご紹介していく予定です。これらの県のイメージ向上に少しでもつながるように…。そして、なかなか外出がしづらいご時世かと思いますので、せめてウェブ上でだけでも小旅行を楽しんでいただければ…と。シリーズは3月19日(木)スタートです。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »