« 101-11 秩父鉄道長瀞駅(埼玉県) | トップページ | 101-13 湯畑周辺の街並み(群馬県草津町) »

2020.03.30

101-12 「本庄早稲田の杜」の風景(埼玉県)

10112knthwm

2004年、上越新幹線熊谷・高崎間に「本庄早稲田駅」が新たに設置されたのに合わせ、周辺約64.6haにわたり土地区画整理事業が行われて生まれた街がこの「本庄早稲田の杜」です。地区内には「マリーゴールドの丘」と呼ばれる公園が整備され、「新都心拠点ゾーン」にはショッピング・モール(ベイシアゲート)が誘致されています。

画像は駅南口の風景ですが、こちら側には駅名の由来となった早稲田大学本庄キャンパス(早稲田リサーチパーク)がもともと存在しており、そちらへ植栽帯と自転車道を備えた幅員30mの街のシンボル軸「中央通り線」が通じています。画像奥に見える建物は大学敷地内の学術研究施設「早稲田リサーチパークコミュニケーションセンター」、手前側の建物は「早稲田リサーチパークと連携した研究開発・産業集積を図る」とされる「産業業務拠点ゾーン」内に建つホームセンター大手「カインズ」の本社ビルです。両者の間に事業区域内外の境界はあるはずなのですが、街並みとしては連続性が感じられます。ゆったりとした土地の使い方と爽やかな緑、堂々とした佇まいの建物が郊外のキャンパスのようにアカデミックな雰囲気を醸し出している、新しい街の風景です。

|

« 101-11 秩父鉄道長瀞駅(埼玉県) | トップページ | 101-13 湯畑周辺の街並み(群馬県草津町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-06 埼玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 101-11 秩父鉄道長瀞駅(埼玉県) | トップページ | 101-13 湯畑周辺の街並み(群馬県草津町) »