« 101-2 成田国際空港第3ターミナル(千葉県) | トップページ | 101-4 みさと公園(埼玉県三郷市) »

2020.03.21

101-3 流山おおたかの森駅前(千葉県)

10103kntnom

流山おおたかの森駅は、2005年のつくばエクスプレス(TX)開通時に、東武野田線(東武アーバンパークライン)との交点に設置された乗換駅で、TXを走る全列車が停車し、東京都心側のターミナルである秋葉原駅からは快速で約30分、利用客数は沿線第3位という主要駅となっています。TXは計画的な宅地開発との一体的な推進を目的に新設された鉄道ですが、この駅周辺も沿線の中核地域、流山市における新拠点地区と位置づけられ、都市再生機構により面積285.8ha、計画人口28,600人という大規模開発が行われています。

画像のとおり、駅南口は郊外のニュータウンらしく歩行者空間が広く取られた駅前広場となっています。その広場に面して(画像左側)商業施設が建っていますが、これは東京・世田谷の玉川高島屋SCと同じく高島屋系列の「東神開発」が運営する「流山おおたかの森SC」です。延床面積が100,000㎡を超えるという巨大な建物なのですが、外観は小さな建物がいくつも集まったかのように「分節化」されるとともに、歩行者空間に対して雁行配置(がんこうはいち・斜めにずらして並べること)され、ヒューマン・スケールが意識されています。外壁の色づかいも暖かみがあり、木材が多く用いられ、外周部が積極的に緑化されるなど、親しみやすい建築となっています。

|

« 101-2 成田国際空港第3ターミナル(千葉県) | トップページ | 101-4 みさと公園(埼玉県三郷市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-07 千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 101-2 成田国際空港第3ターミナル(千葉県) | トップページ | 101-4 みさと公園(埼玉県三郷市) »