« 101-19 巴波川沿いの風景(栃木県栃木市) | トップページ | 101-21 神武天皇遥拝殿(茨城県桜川市真壁町) »

2020.04.08

101-20 JR日光駅(栃木県)

10120kntjns

日光東照宮や中禅寺湖などを擁する日本有数の観光地・日光は、明治中頃から昭和初期まで各国の大使館別荘や皇族・政財界の方々の別荘が造られ、国際的な避暑地として夏の社交場となっていました。当時は東京からの交通手段としてJRの前身である国鉄が使われていたので、この駅は日光の表玄関として重要な役割を果たしていたわけです。

大正元年に落成したこの2代目駅舎は、そういった各界のVIPを迎え入れるのにふさわしい気品と繊細さを漂わせる、木造2階建てと小さいながらも堂々たる白亜の殿堂で、外構の植木までも美しく刈り込まれています。ゴージャスなのは外観だけではなく、現在は駅ギャラリーとして一般公開されている2階はかつての一等車利用者用待合室で天井からはシャンデリアが吊り下がり、1階には大理石製の暖炉を備えた貴賓室(通常非公開)もあります。「関東の駅百選」に選ばれ、「近代化産業遺産」の認定を受けているという評価も納得です。

なお現在JRの駅には東京方面からの定期直通列車がなく、都心から東武鉄道の特急列車に乗って隣接する「東武日光駅」に降り立つというルートの方が優勢となっています。利用者の少ないこちらの駅の方は静かでゆったりとした時間が流れている分、かつての古き良き時代への思いを存分に馳せることができます。

|

« 101-19 巴波川沿いの風景(栃木県栃木市) | トップページ | 101-21 神武天皇遥拝殿(茨城県桜川市真壁町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-05 北関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 101-19 巴波川沿いの風景(栃木県栃木市) | トップページ | 101-21 神武天皇遥拝殿(茨城県桜川市真壁町) »