« 101-18 城山公園(栃木県佐野市) | トップページ | 101-20 JR日光駅(栃木県) »

2020.04.07

101-19 巴波川沿いの風景(栃木県栃木市)

10119kntumr

県と同じ名前でありながら県庁所在地ではない栃木市は、江戸時代に日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町として、そして巴波(うずま)川を利用した江戸との舟運で栄えた商都で、戦災を逃れたため市街地には歴史的な寺院の他、江戸時代から明治時代にかけての蔵や商家などが多く残る「蔵の街」として知られています。埼玉県川越市や千葉県香取市佐原と並んで「小江戸(こえど)」と呼ばれて観光地としても人気があり、この巴波川には遊歩道が整備されています。

…という解説がどうでもよくなるほどのインパクトを風景にもたらしているのが、川の上空一面を埋め尽くす大量の鯉のぼりですが、これは毎年3~5月に、延長約600mにわたって1000匹以上が吊るされる…という恒例のイヴェントのようです。

|

« 101-18 城山公園(栃木県佐野市) | トップページ | 101-20 JR日光駅(栃木県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-05 北関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 101-18 城山公園(栃木県佐野市) | トップページ | 101-20 JR日光駅(栃木県) »