« 102-16 ささしまライブ交差点の風景(名古屋市) | トップページ | 102-18 ノリタケの森(名古屋市) »

2020.08.09

102-17 名駅の風景(名古屋市)

10217ctjmst

「名駅(めいえき)」とは、その名から容易に推測されるとおり中部地方最大の鉄道駅である名古屋駅周辺地域を指す地名で、と並んで名古屋を代表する繁華街・ビジネス街となっており、超高層ビル群が形成されています。今回の記事では、特にその内のある1棟のビルについて語りたいと思うのですが、それが画像の奥に建つ、2008年竣工・開業、地上36階・地下3階建ての「モード学園スパイラルタワーズ」で、同一法人が運営する「名古屋モード学園」「HAL名古屋」「名古屋医専」の3つの専門学校に加え商業施設が入居しています(3校を1つの校舎にして建設したことから「タワーズ」と複数形になっているようです)。

モード学園と言えば何十年間もずっとインパクトのあるコマーシャル・フィルムをTVで提供し続けているという印象がありますが、東京・新宿で個性的な校舎を建てたこの学校法人が、その発祥の地である名古屋でも一際目を引くランドマークを創ってくれました。全て大きさ・形が異なるという三角形のガラスのパネルで構成されたリボンのような外壁が、螺旋状に絡まって空へと羽ばたいていくように見えるその外観はとにかくスタイリッシュで、都市の風景の中での存在感は圧倒的です。ファッションを学ぶ校舎にふさわしく「ドレスの裾のような柔らかな美しいシルエット」を持つこのデザインは、ファッション・デザイナーでもある学長が数多くのコンペ案の中から「学生たちの感性と想像力を触発するもの」として採用したのだそうで、2008年度のグッドデザイン賞の他、様々な賞を受賞しています。

|

« 102-16 ささしまライブ交差点の風景(名古屋市) | トップページ | 102-18 ノリタケの森(名古屋市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-14 愛知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 102-16 ささしまライブ交差点の風景(名古屋市) | トップページ | 102-18 ノリタケの森(名古屋市) »