« 102-19 名古屋城の風景(愛知県) | トップページ | 102-21 関宿 その1(三重県亀山市) »

2020.08.12

102-20 金シャチ横丁 義直ゾーン(名古屋市)

10220ctjksy

前回(102-19)予告したとおり、「金シャチ横丁」のご紹介です。

ここは2018年、名古屋城に隣接してオープンした江戸時代の城下町風の商業施設で、公式キャスト、サポーターによるイヴェントの会場となる広場が設けられ、ちんどん屋や人力車といった演出も行われるなど、「日光江戸村」のようなテーマパーク的性格も持ち合わせているようです。

名古屋城は、その内外に飲食店や土産物屋等の施設が少ないという課題を抱えていました。かといって文化財である城内にそのような施設を設けるのは難しく、周辺は官庁街のため新たにそういった施設を造るための土地もなかなかなく…。そこで駐車場用地を活用して観光客が立ち寄れる場所を設けることによって滞在時間を増やし、賑わいを創出することで、名古屋城及びその周辺の魅力を一層向上させるとともに、国内外からの来訪者に対して名古屋の魅力を発信することを目的に「金シャチ横丁」を整備したわけです。名古屋市は土地を貸与する一方、公募によって選定された民間事業者が整備と管理運営を担い、そのアイディアとノウハウが活用されています。今後の整備では芝居小屋や、名古屋城の金シャチや収蔵品、山車などを展示する施設が建設される予定となっています。以前当サイトでは、熊本市の「桜の馬場 城彩苑 桜の小路」という施設をご紹介しましたが、ここはその名古屋版といったイメージですかね。大阪城の周辺でも2017年に「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」という類似の施設がオープンしているので(いずれご紹介したいと思っています)、これは全国的なトレンドなのかもしれません。

「金シャチ横丁」は2カ所に離れて立地しています。今回の画像は城の正門側にある尾張藩初代藩主・徳川義直にちなんで命名された「義直ゾーン」です。こちらは「伝統」をテーマとしており、木曽地方の木材にこだわった和風建築による伝統的な純和風の街並みをイメージした建物に、定番の「なごやめし」を提供する5つの老舗飲食店と物販店が1店入居しています。一方、前回の画像の東門側にあるのは、派手好きで知られる7代藩主・徳川宗春にちなんで命名された「宗春ゾーン」です。「革新」をテーマとするこちらは「義直ゾーン」と差別化を図って、木造でありながら現代的で透明感のあるデザインを取り入れた建築となっており、名古屋の新しい食文化を発信する新進気鋭の飲食店5店舗が集結しています。…正直、「義直」とか「宗春」とか言われても、将軍家でもない一地方大名の尾張徳川家の歴史とか、地元でもない名古屋の郷土史に疎い私にとってはいまいちピンとこないし、覚えられないのですが…。

|

« 102-19 名古屋城の風景(愛知県) | トップページ | 102-21 関宿 その1(三重県亀山市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-14 愛知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 102-19 名古屋城の風景(愛知県) | トップページ | 102-21 関宿 その1(三重県亀山市) »