« 102-23 百六里庭・眺関亭から見た関宿(三重県亀山市) | トップページ | 103-1 高松港第一浮桟橋(香川県) »

2020.10.01

2020年秋の新シリーズ 「香川・瀬戸内の風景」

長年全国各地を旅していると、同じ地方を2度、3度と訪れる機会が増えてきますが、「この方面は何度訪れても楽しいな」と思う地域もあればその逆もあり、言わば自分と各地方との間には「相性」のようなものがあるのではないか、と感じるようになっています。

その点、瀬戸内海の島々への旅は私にとってはこれまで割とよい思い出が多く、期待を裏切られたことのないディスティネーションです。私の場合、旅の印象は旅先の天気の善し悪しに大きく左右されるので、晴天の日が多いこの地域の気候が肌に合っているのかもしれません。

そんな訳で、今回のシリーズでは、瀬戸内海では淡路島に次いで広く、船でしか渡れない島としては国内で最大の人口を有する香川県・小豆島を中心に、その周辺も含めた県内の風景を…1012日(月)から、スロー・ペースで更新していこうと思います。

|

« 102-23 百六里庭・眺関亭から見た関宿(三重県亀山市) | トップページ | 103-1 高松港第一浮桟橋(香川県) »

管理人より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 102-23 百六里庭・眺関亭から見た関宿(三重県亀山市) | トップページ | 103-1 高松港第一浮桟橋(香川県) »