« 103-6 「太陽の贈り物」と土庄港(香川県・小豆島) | トップページ | 103-8 エンジェルロード(香川県・小豆島) »

2020.11.04

103-7 土庄港観光センター前の風景(香川県・小豆島)

10307ksutsc

前回(103-6)と同じく土庄港の一角の風景で、「土庄港観光センター」の前で撮った画像です。手前の休憩スペースの上にはパーゴラ(藤棚)が設けられていますが、奥に置かれたテーブルと椅子の方は小豆島を象徴する植物であるオリーブの木陰に覆われています。

このオリーブという木、ちょうど人間の視線と同じくらいの高さに明るい色の細かい葉が密に生えていて、視界に淡いグリーンの靄がかかったように見えます。ごつごつして曲がりくねった細い幹も含め明らかに日本の植物とは見た目が異なっていて、原産地であるギリシャやイタリア、スペインといった強烈な陽射しが照りつける荒涼とした南欧のような土地にこそ似合いそうな、異国情緒を感じさせるルックスです。気候が温暖で年間を通じて日照時間が長い小豆島の風景の中ではまだそれほど違和感はないのかもしれませんが。ちなみにオリーブは小豆島が日本における栽培の発祥の地であり、香川県の県木にも定められているようです。

|

« 103-6 「太陽の贈り物」と土庄港(香川県・小豆島) | トップページ | 103-8 エンジェルロード(香川県・小豆島) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-22 瀬戸内海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 103-6 「太陽の贈り物」と土庄港(香川県・小豆島) | トップページ | 103-8 エンジェルロード(香川県・小豆島) »