« 2021年の新シリーズ 「関西の風景」 | トップページ | 104-2 びわ湖テラス ノーステラス(滋賀県大津市) »

2021.01.04

104-1 びわ湖テラス グランドテラス(滋賀県大津市)

10401ksibtg

関西圏の風景を、まずは滋賀県からご紹介してきます。

日本一広い琵琶湖を遥か眼下に望む絶景スポットに柵はなく、足元にインフィニティ・プールのような水盤が張られてそれがそのまま湖面とつながっているかのように感じられ、さらに湖と空の境目もわからないくらい溶け合って、どこまでも透き通った「青」が広がるこの世のものとは思えない神秘的な光景です。

ここ「びわ湖テラス」は、標高1,108mの打見山頂に設けられたリゾート施設で、「グランドテラス」はそのシンボル的な空間です。全体にウッド・デッキが敷きつめられる中、ゆっくりと散策したり、ソファーやチェアでくつろいだり、カフェで食事をしたり、何より思い思いのポーズをとって写真撮影を楽しんだりできるようになっています。元々ここは「びわ湖バレイ」という、京阪神地区から最も近く関西では老舗的存在の有名なスキー場で、ジップ・ライン、アスレチック、ドッグ・ランといったシーズン以外も楽しめるアクティビティも充実していたのですが、2016年にこの施設がオープンすると「フォトジェニックな写真が撮れる」とインスタグラム等で話題となり、来場者数が大幅に増え、現在も人気を博しています。眺望抜群という恵まれた条件の立地に、SNS映えする今風の空間を設えるという、時流を捉えた企画力の勝利といったところでしょうか。

ちなみに、この山頂には日本最速の全面ガラス張りロープウェイでアクセスするのですが、リゾート施設そのものも以前ご紹介した静岡県の「富士見テラス」と同じロープウェイ・メーカーの関連会社によって運営されているようです(名前も似ていますね)。

|

« 2021年の新シリーズ 「関西の風景」 | トップページ | 104-2 びわ湖テラス ノーステラス(滋賀県大津市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

J-16 滋賀・京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年の新シリーズ 「関西の風景」 | トップページ | 104-2 びわ湖テラス ノーステラス(滋賀県大津市) »