旅行・地域

2019.04.23

98-45 クージー・ビーチ(オーストラリア・シドニー)

9845sydcgb

「コースタル・ウォーク」のゴールにあたるビーチです。そして、約2カ月に渡ってシドニーを取り上げてきた今回のシリーズ「オーストラリアの風景(前編)」も本日が最終回です。

サザン・ビーチズの中でもボンダイ・ビーチに次いで人気というこのビーチは延長400mという白い砂浜が広がり、様々な施設が整備されているようです。ここはシドニー都心部へ直行するバスが頻発しているというアクセスの良さもあり、「街の賑わいを近くに感じられるビーチ」といった印象です。観光客向けの店が多いボンダイ・ビーチとはちょっと違い、地元の人々の日常生活が感じられる街、という意味で。

 

そう遠くないうちに、「オーストラリアの風景」の後編もお届けできればと思っています。ご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.22

98-44 ダニンガム・リザーヴのパブリック・アート(オーストラリア・シドニー)

9844sydpad

数日前から取り上げてきた「コースタル・ウォーク」も、終点の「クージー・ビーチ」にだいぶ近づいてきました。ここは芝生が広がる見晴らしの良い高台で、眼下には穏やかな海原が広がっています。そんな海と空を背景に立つシンボリックなパブリック・アートを撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.21

98-43 ゴードンズ・ベイに面した住宅街(オーストラリア・シドニー)

9843sydrgb

どこか「和」の雰囲気すら感じてしまうような入江の磯浜を見下ろす斜面上に、緑の中に埋もれるようにひな壇状に戸建住宅がお行儀よく並んでいる、という風景です。「最前列」の建物がどれも3階建て、という点が妙に気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.20

98-42 クロベリー・ベイに面した住宅街(オーストラリア・シドニー)

9842sydrcb

画面には映っていませんが、通りの左側はすぐ海という、オーシャン・ヴューの住宅街です。この通り沿いに建つ家々はそれぞれのデザインに統一感がある訳ではないのですが、どことなくテイストが似ているように感じられます。どの家も海の眺めが楽しめるように開口部(窓等)を大きく、ベランダを広く取っていたり、青い海や空の色に映える白を多用していたり…と。

シドニーの都心部からも近く、海に面したこの辺りは住宅地として人気があるはずで、そんな理想の土地を手に入れることのできた恵まれた人たちが、憧れのビーチ・ライフを具現化するために思い思いのデザインで家を建てた、そんな夢が詰まっているように感じられる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.19

98-41 ブロンテ・ビーチ(オーストラリア・シドニー)

9841sydbtb

半円の形状が美しいこのビーチは観光客が少なく、地元の方々に人気が高いそうです。ビーチの背後はバーベキュー施設を備えた緑が生い茂る公園になっており、他にも海水プールやカフェ等、海辺の余暇を楽しむための施設が一通り揃っているようです。シドニー近郊にはそれぞれ個性の異なるビーチが近接していくつもあるので、その日の気分と目的によって行くビーチを選べるわけで、シドニーっ子のそんなライフ・スタイルはうらやましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.18

98-40 タマラマ・ビーチ(オーストラリア・シドニー)

9840sydtrb

ボンダイ・ビーチからコースタル・ウォークを辿って行くと、次に現れるビーチがこの「タマラマ・ビーチ」です。ここは関東でいうところの「谷戸(やと)」のような深く切り込んだ地形になっていて、間口が狭い割に奥行きがあり、白い砂浜がかなり奥まで続いています。いちばん奥にはバーベキュー施設を備えた芝生張りのピクニック・スペースがあり、逆からだと小さな公園のずっと先に青い海が見えているという風景です。小さいながらカフェも1軒あります。

アクセスがよくないためあまり人がいないこともあり、両側を岩場に挟まれたこのビーチはプライヴェート感がとても強く、「隠れ家」的なスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.17

98-39 コースタル・ウォーク(オーストラリア・シドニー)

9839sydctw

シドニー都市圏南東部の、タスマン海に面して連なる海岸「サザン・ビーチズ」には、前回まで(98-3638)取り上げてきたその北端のボンダイ・ビーチを起点とし、そこから南下して「クージー・ビーチ」へと至る、約6kmの海岸沿いの遊歩道が整備されています。それが「コースタル・ウォーク」です。この画像の場所は海を一望できる絶景の墓地「ウェーヴァリー・セメタリー」の下の区間で、険しい地形の中を直線的に貫く歩道が、自然と対峙する人工美を感じさせてくれます。

わずか6kmの海岸線ながらその地形は、それぞれ雰囲気の異なる大小の砂浜の他、磯浜、見晴らしの良い丘、断崖絶壁、静かな入江…と変化に富んでいて、沿道には邸宅街、芝生の美しい公園や開放的な運動場…等があり、次々と移り変わる美しく雄大な風景には飽きることがなく、気候の良い晴れた日にこの遊歩道を歩くのは最高の気分です。大陸と大洋、そして大空の3つが接するこの道は、自分が地球に生きているということを実感させられる場所です。

それでは、この「コースタル・ウォーク」沿いの風景を、次回からシリーズの最後にかけて一つひとつご紹介していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.16

98-38 ボンダイ・アイスバーグス・クラブ(オーストラリア・シドニー)

9838sydbic

前回(98-37)の記事の画像にも少し映っている、海を一部切り取ったようなこの大きなプールは、ボンダイ・ビーチのアイコン的存在なのだそうです。海面すれすれに設けられたプールは海水を使っており日によって水温が変わるようです。会員制の施設ですが観光客などでも格安で利用でき、海を見下ろす人気のレストランも併設されています。

この施設は、サーフ・ライフ・セーヴィング発祥の地とされるボンダイ・ビーチにおいて、冬場にも体力やスキルが落ちないよう鍛えたいと願う地元のライフ・セーヴァ―たちが1929年に設立した名門スイミング・クラブが元になっているそうです。近頃世界各地のリゾート施設によく見られるインスタ映えを狙ったかのようなインフィニティ・プールなどとは違い、高波が押し寄せると水飛沫が大胆に襲ってくる真四角な競泳プール然としたヴィジュアルに、そんな硬派さが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.15

98-37 ボンダイ・ビーチ その2(オーストラリア・シドニー)

 

9837sydbb2

ボンダイ・ビーチの南端は崖で区切られています。前回(98-36)の画像はその崖の上からビーチの全景を撮りましたが、今回は逆に水際から崖の方向を撮ったもので、崖に張り付くように建物が建っています。

眺めの良い場所に家を持ちたい、あるいはそんなホテルに滞在したいというニーズは古今東西変わらず、ましてこのような大海原に面した一等地ですから、建設の困難さやコストにも関わらず建物は造られてしまう訳で、そういう意味でとても海沿いらしい風景といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.04.14

98-36 ボンダイ・ビーチ その1(オーストラリア・シドニー)

9836sydbb1

今回のシリーズ「オーストラリアの風景(前編)」も終盤に差しかかって参りました。最後に「サザン・ビーチズ」と呼ばれるシドニー都市圏南東部の外洋(タスマン海)に面した海岸沿いの風景をご紹介していきたいと思います。

「サザン・ビーチズ」の中でも都心部からわずか数kmと最もアクセスがよく、ポピュラーなビーチがここ「ボンダイ・ビーチ」です。オリンピックのビーチ・バレー会場にもなったシドニーを象徴するこのビーチは、芝生の公園に面して延長約1kmの白砂が広がり、外洋から高波が押し寄せるサーフィンの中心地で、年間を通じて多くのイヴェントが開催されているそうです。ビーチに沿って湾曲して走る通り「キャンベル・パレード」沿いにはサーフ・ショップ、レストランやファスト・フード店が並び、ちょっとしたリゾート地のような華やいだ雰囲気です。シドニーではこの周辺に住むことはステータスらしく、一帯は高級住宅街となっているようです。大都市のすぐ近くにこんな大洋に面した開放的で美しいビーチがある生活環境は、うらやましい限りですね。

ところで、私がこの地名を知っていた理由は、最近だとBSチャンネル「Dlife」を見ていて番宣で「ボンダイビーチ動物病院」のタイトルだけはよく耳にしていたこと、そして何と言ってももうかれこれ20年程前に私が初めて買ったPC”iMac”のボディ・カラーが、このビーチの海からインスパイアされ「ボンダイ・ブルー」と名づけられていたことです。南国のリゾートの海と聞いて連想するような単純に爽やかなエメラルド色とは違って、ここの海は透明感に加えて深み、渋み、そして苦みを帯びた青緑色で、まさにあのスケルトン・ボディのイメージにぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧