J-04 北関東

2011.04.08

76-7 羊山公園・芝桜の丘(埼玉県秩父市)

7607gtthyk

当サイトとしては初めて、東京都心から約70km、埼玉県の北西部に位置する秩父市からお送りします。

東京方面からこの地域へは、私鉄の西武鉄道に乗ってアクセスするのが一般的と思われますが、途中通る谷間の車窓風景はとても東京からすぐのものとは思えないような魅力的な山里で、それを抜けると広がる秩父盆地のなだらかな丘の風景もまた、人里離れた桃源郷のような大らかさが感じられ、私はとても気に入っています。

今回取り上げるのは、芝桜の名所として近年つとに知名度が増している、らしい「羊山公園」の風景です。芝桜って、昔はあまり見なかったと思うのですが、最近は春になるとやたらと各地の観光ポスターで見かけるような気がしています。一種の流行りなのでしょうか?

私がここを訪れたのも、駅に貼られたポスターの写真がきっかけでした。北海道の美瑛や中富良野のラヴェンダー畑のように、丘一面が花で埋め尽くされているような大陸的な風景に出逢えることを期待して・・・

ですが実際は・・・ベルギーのブリュッセルや神戸等で行われているような、通りや広場に花をカーペットのように敷き詰めるイヴェントをちょっと大きくしただけ、といった印象でした(笑)。しかも見物客が大勢いるので余計に狭く見えてしまっています。プロのカメラマンは、狭い空間を広く見せるのがほんとうに上手ですね。まぁ、視点によっては、色どりの模様を描く花の鮮やかさがこの世の物とは思えないほど眩しくて、ちょっと感動を覚えたりもするのですが・・・。背後に聳える荒々しい岩山の雄々しさとのコントラストも面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.04

76-3 つくばセンター(茨城県つくば市)

7603gtttct_3

よくある駅前広場のバス・ターミナルの風景、と言えなくもないショットですが、それにしては駅舎や線路敷の姿が見当たりません。それもそのはず、駅(つくばエクスプレス・つくば駅)はこの広場の地下に乗り入れているので、地上では見えないのです。

と言うより、ここは鉄道が開通する遥か以前から、1960年代以降国策によって開発された筑波研究学園都市の交通の拠点として、東京都心とを結ぶ高速バスが頻発するようなバス・ターミナルが整備されていて、そこに何十年も経過してから鉄道がやってきて駅ができたため、結果的に駅前広場のようになったという、普通とは逆のパターンによって成立した交通広場なのです。

ニュータウンの都心部は高い建物が密集することなく、ゆとりを持って建てられており、電線類も地中化されているので、空が広く、風景が整然として感じられ、自然発生的に成立した一般的な都市の中心部の駅前とはだいぶ様相を異にしています。

※関連バックナンバー 44-3「筑波研究学園都市の道路」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

67-1 川口西公園のじゃんけんをする子供達(埼玉県)

671sttkgn

川口市の地場産業と言えば、「鋳物」と「植木」なのだそうです。と、いうわけで、市を代表する駅の前に展開する川口西公園には、鋳物と植木がふんだんに用いられています。

今回取り上げるのは「鋳物」の方で、この階段でじゃんけんをする子供達は地元の鋳物で造られているらしいです。服の皺までもあまりにリアルに再現されているので、夕暮れ時には本物の子供が立っているかのように勘違いしてしまったことがあって、もう少しで「そこに立ってると危ないよ。」と、思わず声をかけてしまうところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

63-5 越谷レイクタウン(埼玉県)

635htrklt

今春まちびらきを果たしたばかりの新しい街です。先月開業した国内最大級のショッピング・モール(対岸の横長の建物)が話題となり大盛況なのですが、地域の治水を目的として新たに設けられた「大相模(おおさがみ)調整池」を中心とした一体的なまちづくりが行われた、画期的な新しい水辺の街であるという点の方がもっと注目されるべきではないのかなと思っています。池の周りにはまだ建物が少ないので、街と水辺とのスケール的な意味での一体感には欠けているような気がしますが。

この新しい調整池は、治水という消極的な目的のためだけでなく、街のシンボル空間となるべく積極的に設けられたものなので、さほど広くない水面とその周りには様々な「アトラクション」が仕掛けられています。たとえば、池の周りには遊歩道、芝生広場、桟橋、親水護岸、親水テラス、水上ステージが設けられ、様々な場所、角度からそれぞれ違った水辺の眺めを楽しめるようになっています。水面の風景も、噴水があったり、立ち入り禁止のビオトープがあったり、蓮が浮いていたりと変化に富んでいます。

この池の最大の目玉はカヌーやボートが楽しめることで、私が訪れた日曜日には、よく目立つ真っ赤な帆をはためかせたヨットのような乗り物が一艘だけ、水面をぐるぐると廻っていたのですが、・・・もしかしたらこれは、水辺の街の新しいライフスタイルをアピールするためのデモンストレーションとして、お金をもらってやっていることなのかな?などと勘ぐってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.11

61-5 川口西公園(埼玉県)

615frsknk

東京23区に隣接する川口市は、合併によりさいたま市が誕生するまでは、浦和や大宮を抑えて埼玉県内最大の人口を誇っていた都市です(現在約50万人)。そんな大都市の玄関口であるJR川口駅前は、近年の相次ぐ再開発によって、近代的で、美しく、洗練された都市景観が展開されています。

古くからの繁華街として百貨店等の商業ビルに囲まれている東口とは対照的に、西口は駅を出るとまず水と緑の公園が広がり、その奥に高層住宅群のスカイラインが見えるという風景で、駅前にしてはどちらかというと静かな雰囲気です。画像の風景は、どこにでもある、ちょっといい感じの公園にしか見えないかもしれませんが、ここが駅の改札口を出てすぐの場所であるというところがポイントです。橋上駅舎と市街地をつなぐ公園には、そのレヴェル差を調整すべくなだらかな傾斜がつけられており、そのため画像のような緑の坂道が生まれています。昔から知られている「鋳物工場の街」という、やや薄汚れたような都市イメージは、駅から街に出た瞬間目にする、この爽やかな緑によって見事に打ち消されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.14

57-8 鉄道博物館プロムナード(さいたま市)

578psgthp

昨年10月の開業以来、大いに話題となり、人気を博している鉄道博物館と、最寄りである「鉄道博物館(大成)」駅とを結ぶ通路の画像です。同駅は、東北・上越新幹線の開業当初の始発駅である大宮から埼玉新都市交通・ニューシャトルに乗ってわずか1駅の距離にあり、新幹線は敷地のすぐ横を走り抜けて行きます。

屋根に覆われたこのプロムナードは、天窓の明るさと暗さのコントラストが面白く、頭上の斜めに交差する赤や青に彩られたパイプが華やかだなぁ、という何気ない第一印象を持ちました。

次に、床のタイル舗装に目を転じると、そこには開業時から現在に至るまでの東北新幹線の時刻表の移り変わりがプリントされていました。

・・・そこで私ははたと気がついたのです。もしかしたら、この上空の斜めに交差するパイプは・・・案の定、これは、東北新幹線の開業当時のダイヤグラムをデザインしたものでした。見た目にきれいなだけではなく、ちゃんと深い意味を持たせているところがしゃれているなぁ、一本取られた、と思ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.03.19

48-2 綾瀬川(埼玉県草加市)

482rvrasg

「草加せんべい」で有名な東京のベッドタウン・草加市のほぼ中央部には、かつて工場跡地だった「綾瀬川左岸広場」という、気持ちいいほど何もない、約3.6haもの広場があります。広場は綾瀬川に面していて、「ラグーン」と呼ばれる、画像のような親水護岸が整備されています。対岸は旧日光街道の松並木が残る「草加松原遊歩道」で、ちょっとした観光地にも見えるくらいの、風光明媚なスポットです。

ただ、せっかく親水護岸が整備されているのですが、水質の悪さで全国的に名高い綾瀬川はやはりよどんでいて、「近づいて触れてみたい」という気になれないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

44-5 千波湖岸の道路(茨城県水戸市)

445roadkre

兼六園の次は、偕楽園です。画面左側に見えるプラットフォームは、毎年梅の咲く時期のみ開設される臨時駅「偕楽園駅」のものです。右側には千波湖と桜並木が見えています。ここは水戸を代表する景勝地です。

各車線の路面上に様々な行き先が表示されていることからわかるように(画像はクリックすると拡大します)、この交差点の形状は、絡み合うスパゲッティのように複雑です。その複雑な交差点の道路線形が、都市公園の風景を損なわないよう、緩やかなカーヴを描く曲線で処理されているところに、巨大な地上絵を見るような優美さが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

44-3 筑波研究学園都市の道路(茨城県つくば市)

443roadtkb

筑波研究学園都市のセンター地区を通る道路をペデストリアン・デッキの上から撮影したものです。街路樹や中央分離帯の植栽を備えた、両側6車線の道路が真っ直ぐに通っています。都心部にこのような立派な道路がちゃんと整備されているのは、計画的に造られた都市ならではです。沿道の建物も心なしかお行儀よく並んでいるように見えます。地形が平坦で、それほど高い建物もなく、電線・電柱の類も一切ないので、大陸的な空の広さが感じられます。

この街のこんな人工的な雰囲気が、嫌いな人にはたまらなく耐えられないのでしょうね。私は嫌いじゃないです。まぁ、実際に住んでみて、毎日目にしていたら、どう思うかはわかりませんが・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

43-7 湯畑(群馬県草津町)

437vppybt

「湯畑(ゆばたけ)」とは、温泉の源泉を地表や木製の樋に掛け流し、温泉の成分である湯の花の採取や、湯温の調節を行う施設のことです(柵の内側に見えています)。ここ草津温泉では、湯畑の周囲が広々としたロータリー状になっていて、画面右側の小屋で足湯ができたり、ベンチが置いてあったりと、広場的に整備されています(デザインは故・岡本太郎氏によるものらしいです)。広場の周りには土産物屋、旅館、共同浴場等が建ち並び、観光客で賑わう、草津の温泉街の中心的な空間、シンボル的な存在となっています。

しかし、考えてみれば何だか奇妙です。湯けむりが上がっていて温泉らしい風情が感じられるからよいようなものの、言ってみればこうした施設は、一般的には人の目に触れないような場所に配置されるはずのものです。例えば、同じく水に関連する浄水場や下水処理場のようなインフラを、街のど真ん中に露出させて配置して崇め奉り、その周りが広場になって人々が集まる、といった光景が想像できるでしょうか?

ところが、私の妄想は、そこからさらに展開します。水は都市の成立にとって、もっと言えば人間の生活にとって必要不可欠なものです。例えば、都市の上水道が十分に発達していない時代・地域・社会において、水の湧き出る場所が発見されて、その周りに街ができ、女たちが家々から毎日、街の中心にある泉に水を汲んだり、洗濯をしたりするために通い、そこで「井戸端会議」の輪が広がり、泉の周りに集まる人々を目当てに行商人がやってきて、市も開かれ、泉は都市の中心、街のシンボルとして確固たる地位を築いていく・・・そんなストーリーがあっても全然不思議じゃないと思います。水は都市の中心にあるべきで、もっとみんなに親しまれ、大事にされるべきもの。この湯畑に人が集まる光景を見ていると(ここではお湯ですが)、そんなことを思ってしまいました。水あっての人間、都市。お湯あっての草津温泉ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)