J-11 北陸

2016.09.11

90-29 魚野川沿いの風景(新潟県湯沢町)

9029hserun

前回(90-28)に続き、当サイトでは非常に珍しい雪景色(冬はあまり遠出しないもので…)の画像をお届いたします。これは高台に位置するガーラ湯沢駅から魚野川が流れる谷間を撮ったもので、高速道路を行き交うトラックの音が谷じゅうにこだましていそうなパノラマです。遠くにはこの地域にバブル期に多く建てられたリゾート・マンション群が見えます。

この谷沿いには、魚野川をはじめ、上越新幹線、在来線のJR上越線(電車が走っているのが見えます)、関越自動車道、国道17号、そして送電線が通っていて、そのいずれもが南北方向です。国土軸を構成する複数のインフラが並行に走る、強いヴェクトルを感じる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.10

90-28 ガーラ湯沢駅の外観(新潟県)

9028hseegs

前回(90-27)に引き続き、ガーラ湯沢駅の画像です。

辺りを一面の銀世界に囲まれたこの駅舎には大きな弧を描く屋根が架かっていて、中央には巨大なガラス張りのアトリウムも設けられるなど、ダイナミックな建築です。

駅舎の壁面に描かれている真っ赤なアメーバのような図形は、雪の結晶をイメージしたらしいガーラ湯沢のシンボル・マークのようです。冬になると首都圏のJRの駅ではこの模様の入ったポスターをよく見かけるような気がしますが、白一色の風景の中でこの鮮やかな色はよく目立ち、スキー・リゾートの楽しさを演出してくれているように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.09

90-27 ガーラ湯沢駅(新潟県)

9027hsegys

シリーズの終盤にお届けするのは、同じ新幹線でも「北陸」ではなく、高崎駅から新潟駅方面へと向かう「上越」新幹線沿線の新潟県湯沢町からです。今回、素直に「北陸新幹線の風景」というタイトルをつけなかったのは、沿線ではないここを一緒にご紹介したかったからで…。

本日ご紹介するこの建物内部の画像は、鉄道駅の改札口を降りるとすぐに広がる空間のものですが、カーペット敷きで、ソファーが置かれ、頭上に電光掲示板がある長いカウンターが並ぶ様はまるで大病院の待合所や空港のチェックイン・カウンターのようで、駅っぽくありません。実はこの「ガーラ湯沢駅」は、山頂行きのゴンドラが発着するスキー場への玄関口であり、レンタル・ショップやロッカー・ルームといったスキー・センターとしての機能が駅と一体となっているため、このような光景が見られるのです。

ちなみにこの駅は冬季のスキー・シーズンのみ開業する臨時駅で、上越新幹線が乗り入れ、東京駅から直通わずか75分で行けるスキー・リゾート(しかも手ぶらで!)へのゲートウェイとなっています。話はバブル真っただ中の1987年にまで遡るのですが、元々新幹線の支線の終点にあった保線基地に隣接して駅を造り、新幹線でJR東日本グループ自らが運営するスキー場への旅客輸送を行うという社員発案による社内プロジェクトにより誕生した施設で、民営化によって発足したばかりの同社にとって初のリゾート開発として大きなPRとなりました。

ちなみに駅名の「ガーラ」とは、英語で「祝祭」を意味しています。そんなバブル期のリゾートの浮かれたムードを漂わせる、極めて特殊な駅の風景をお届けしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.30

90-20 一乗谷川沿いの風景(福井県福井市)

9020hserid

前回(90-19)ご紹介した「一乗谷朝倉氏遺跡」のそばを流れる川沿いの風景です。歴史ロマンあふれる一帯の雰囲気に調和させるように、川の護岸は昔ながらの石積みで、道路のガードレールはウッディに造られ、所々に植えられた木々が日本の昔ながらの川沿いの風景を感じさせてくれます。

この景観は、かつてご紹介した島根県津和野の津和野川と同様、国土交通省の「ふるさとの川整備事業」によって整備されたもので、視覚的な美しさのみならず環境や防災にも配慮された点が評価され、「土木学会デザイン賞2015」の最優秀賞に選出されたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.29

90-19 一乗谷朝倉氏遺跡(福井県福井市)

9019hseiai

両側に武家屋敷の石垣と土塀がどこまでも続く人気(ひとけ)のない街並みは、どことなくミステリアスな感じがします。

私がこの場所を知ったのは、数年前のソフトバンクのCMで白戸次郎(お父さん…っていうか、犬。)の出身地として紹介されてからです。私は地理に関してはそんなに疎い方ではないと自負していたのですが、こんな昔ながらの風景が「保全されている」「古い街」があるなんて知らなかった、是非訪れてみたい…と思っていたのですが、実際には昭和42年からの発掘調査によって発見された戦国武将・朝倉氏の城下町跡を復原した、博物館的な施設だったのでした(日本初の、原寸大立体模型、らしいです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.28

90-18 ガレリアポケット(福井県福井市)

9018hsegrp

とうとう北陸の西の端、福井県までやってきました。今回ご紹介するのは、県庁所在地・福井市の中心市街地にある「ガレリアポケット」という、市が2003年度に整備した都市公園です。

中心市街地の衰退は全国的な傾向で、それによって生じてしまった空地を広場として整備し、イヴェントや憩いの空間を設けて活性化を図ろうというのはよく見られる手法で、おそらくここもそのような経緯でつくられた施設なのではないかと推測されますが、何より気になるのは正面に描かれた巨大な壁画です。なぜかジャマイカとかレゲエを連想させる(?)赤・黄・緑の三色のブロックを突き破って這い出てくる顔の濃い男…。夢に出てきたらうなされそうなこの図柄がなぜこの公共施設に採用されたのか、これが福井の地域性とどう関係あるのか、私は理解に苦しんだのですが、そのくせ今では福井と言えばすぐにこの顔が思い浮かんでしまうくらいの強烈なインパクトを植えつけられてしまいました。

ちなみに、この壁画、今は撤去されているという情報も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.21

90-13 道の駅高松(石川県かほく市)

9013hsemtm

数十kmに渡って日本海沿いを走る自動車専用道路「のと里山海道」のサービスエリアです。長い砂浜がどこまでも真っ直ぐ延びるこの絶景ルートを、舞い上がる砂と波しぶきを西日が照らす眩しい時間帯に走らせていると、まるでカリフォルニアの太平洋岸をドライヴしているような爽快感が味わえます。

そんな道路の途中に設けられたサービスエリアの、下り能登方面の施設は波が押し寄せる海岸のすぐそばにあり、画像のような遊歩道(というよりは「芝生広場」といった感じで、ピクニックが楽しめそうです)やドッグ・ランが整備されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.19

90-12 馬場崎・駅前地区の街並み(石川県輪島市)

9012hsewjm

日本三大朝市で有名な輪島市の中心市街地の街路景観で、この街に通じていた鉄道が2001年に廃止された後も、周辺は「駅前地区」と呼ばれているようです(ちなみに鉄道駅は「道の駅」となり、バス・ターミナルとしても機能しています)。

道路の拡幅や電線地中化等の街路整備に合わせて生まれ変わったこの大通り沿いの街並みは、まだ比較的新しいながらも伝統的な和風建築のテイストが感じられます。どの町家も同じような間口の狭さで、通りに面した切妻屋根の角度は揃えられ、格子窓や壁に貼られた板からは木のぬくもりが感じられて、通り全体の景観として調和がとれています。

これは市の景観計画に基づくもので、景観重点地区に指定されたこの一帯では、「浜屋づくり」と呼ばれるこの地域に伝わる様式を踏襲した建築とするよう定められている…らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

90-11 白米の千枚田(石川県輪島市)

9011hsessd

輪島市白米町(田んぼからの連想で「はくまい」と読んでしまいそうになりますが、「しろよね」だそうです)にある有名な棚田で、斜面上の約3.8haの土地が、平均約20㎡、計1,004枚もの水田として耕されている様は実に壮観で、かつてこの農地を開墾された方、そしてこれまでこの土地で農業を営んで来られた方々の苦労の結晶のような造形美です。市が運営している公式サイトの画像を見ると、雪景色や、田植えが始まったばかりの水を湛えた時期、そして冬季に行われているイルミネーション等、時期によってそれぞれ全く異なる魅力的な風景が楽しめそうです。

私はレンタカーでここに向かおうとして、能登半島中に広がる農地の中から果たしてこのたった一つの場所をちゃんと見つけることができるのかどうか不安だったのですが、それは杞憂でした。なぜならここは国道沿いの非常にわかりやすい場所あったからです。しかも雄大な日本海に面している上に、隣には棚田を眺められる「道の駅」まで整備されています。意図したわけではないのでしょうが、結果的に観光資源としてのアクセスとロケーションに非常に恵まれた農地であると言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.16

90-10 七尾西湾とツインブリッジのと(石川県)

9010hsentb

能登半島と能登島を結ぶ、正式名称を「中能登農道橋」という全長620mの橋を、橋のたもとにある「長浦うるおい公園」から見た眺めです。フリー・ハンドで描いたような複雑な海岸線を持つ七尾西湾を背景に建つ直線的な斜張橋の姿は凛々しく、人工と自然の対比が感じられる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)