J-20 四国

2020.10.21

103-5 丸亀町グリーン(香川県高松市)

10305ksumgr

屋内型のショッピング・モールの中央に設けられた緑豊かなアトリウム空間…のように見えますが、前回(103-4)の記事でご紹介した「高松丸亀町商店街」の南端を挟むように両側に建てられた再開発ビルで、アーケードの架かった商店街に面して約620㎡のこの「けやき広場」が設けられています。2012年にオープンしたこの「丸亀町グリーン」は商業施設、ホテル、マンション、オフィス、駐車場、駐輪場などから構成される複合施設となっています。

見た目ももちろんモダンなのですが、テナントも地方都市在住の方々が進出を心待ちにしていそうな「旬」の店舗が集まっているような印象を受けました。施設の計画、テナント・リーシング、コンサルティング、そして開業後の運営にまで大手ディヴェロッパーの森ビルが関わっていると聞いて、なるほどな、と思ったのですが。

今回の記事で高松市内を離れ、少しインターヴァルをおいて、次回からは海を渡った小豆島の風景を取り上げていきます。

| | コメント (0)

2020.10.19

103-4 高松丸亀町商店街(香川県)

10304ksutms

高松市の中心商業地区を南北に貫く全長470mのアーケード商店街です。この町名は1588年の高松城築城の際、10km以上離れた街である丸亀の商人をこの地に移したことによるもので、つまり400年以上の歴史を誇る町です。有名ブランドを扱うブティックが多く、流行の先端を行くファッション性の高い商店街でもあり、様々な意味でまさに高松の中心と言えるでしょう。

このような「歴史あるアーケード商店街」ですが、そう聞いて連想するような時代遅れの古臭さはその風景からは感じられません。アーケードそのものは沿道の建物の3階部分よりも上というかなり高い位置に架かっていますが、そのデザインは軽快で、地上にまで明るい光が射し込んでいます。画像奥の方ではその支柱が上空でX型にクロスしているのですが、アーケードの高さの割に道路の幅員がそれほど広くないので、ちょっと窮屈そうにも見えます。沿道では全ての街区が再開発計画の対象となっていて、共同化による合理的な土地利用、商業床の拡大、魅力的な都市空間の形成が順次進められています。画像両側一番手前の建物は商店街の北端に位置する2006年竣工の再開発ビル「高松丸亀町壱番街」で、オーニング(日よけ)がよく似合うレンガ風のタイルが貼られた洋風の洒落たファサードです(この写真は通りの両側の建物を3階部分で結ぶ空中通路上から撮ったものです)。公道上には樹木が植えられ、ベンチが固定されていますがこれは非常に珍しい事例で、セットバック(壁面後退)による歩行空間創出との引き換えとして認められたもののようです。

この商店街は、モータリゼーションの時代を見据えた駐車場建設のため1972年に用地取得を目的とした不動産会社を設立するなど、早くから先進的な取り組みを行ってきました。商店街をひとつのショッピング・センターのように見立てて業種の偏りを正すといった全体的な運営・管理を目的として1998年には第3セクターのまちづくり会社を立ち上げ、自らがディヴェロッパーとなって再開発ビルの経営を行っています。再開発ビルの上層部には住宅を設け、居住人口を増やすことで街の活性化を図りました。その結果一時は落ち込んでいた商店街の通行量は復活し、空き店舗もないとのことで、中心市街地の衰退に悩む全国の関係者からの視察が相次ぐ「成功事例」として知られているようです。

そんな「近代的なアーケード商店街」の一角にも重厚な鉄筋コンクリート造の歴史的建築物が残っていて、街並みにアクセントを与えています。それが画像左側に建つ「百十四銀行高松支店」です。1926年に完成し、1945年の高松大空襲で焼け残った数少ない建物で、創業から1966年まではここが本店だったそうです。

| | コメント (0)

2020.10.16

103-3 ことでん高松築港駅前の風景(香川県)

10303ksukts

前回(103-2)取り上げたJR高松駅から200m程離れた場所には、ローカル私鉄である「ことでん」(高松琴平電気鉄道)のターミナル(起終点)「高松築港駅」があります。高松の中心市街地により近い駅はここから2つ先の「瓦町」駅なので、どちらかというとこちらは閑散としていて、駅舎は平屋建てで小ぢんまりとしています。画像正面奥に映っているのですが…目立たないですよね。

この駅に乗り入れている「ことでん」は、旧高松城跡である「玉藻公園」の外周に沿って走っています。そして、この駅のプラットフォームと画像右側の幹線道路「中央通り」の間にある幅20mほどの長細い土地は「駅前緑地」と呼ばれ、大通り沿いの松の木が植えられた芝生の空間として整備されています。両側を城跡と緑地に挟まれたコンパクトで開放感ある駅の風景は、まるので日本庭園の中のようで魅力的です。

この「駅前緑地」にはかつて「ことでん」の本社ビル兼ホテルが建ち、その1階部分が旧駅舎として使われていたそうです。JR高松駅の南側に新しく駅舎を移設し、路線をそちらへ乗り入れるという計画が浮上したためにその建物を撤去し、仮駅舎として現在の駅舎を建設したそうですが、計画は中止となり、結果として都市中心部のターミナル駅らしからぬ簡素な駅舎と、美しい前庭のような空間に面したプラットフォームが残ったという訳です。

| | コメント (0)

2020.10.14

103-2 JR高松駅前広場(香川県)

10302ksuspt

かなり以前に掲載した画像と同じ場所を、反対側から撮ったものです。交通広場としての機能を十分に備えた上で広々とした歩行者空間を確保し、現代的な外観の再開発ビル群に囲まれたこの駅前広場の風景を、私は結構気に入っています。よく見ると、正面に映っている駅舎のガラスのファサードには顔が描かれ、「四国スマイル・ステーション」と書かれています。

さて、画像からわかるように、この駅前広場には大きな池があります。池や噴水を備えた駅前広場は数多くあるかと思いますが、この池は他とはちょっとどこか雰囲気が違っていて、水の色になぜか清らかさが感じられず、海沿いの街であることを感じさせるような自然の海岸っぽい造りになっています。それもそのはず、この池は「海水池」だそうで、瀬戸内海の海水を引き込んでいて波や潮の干満もあり、様々な魚や海の生物が棲みついているのだそうです。

| | コメント (0)

2020.10.12

103-1 高松港第一浮桟橋(香川県)

10301ksuspt

まずは県庁所在地・高松市からシリーズをスタートさせようと思います。今回は以前にも取り上げたことのある高松港の、第一浮桟橋をご紹介します。ここはこれからご紹介していく予定の小豆島の他、直島、女木島といった島々へ向かう高速艇やフェリーの乗り場となっています。

この画像は、上屋の端とトップ・ライト(天窓)から降り注ぐ強烈な夏の陽射しと、上屋が作り出す濃い影のコントラストがとても印象的だったので、掲載してみました。

| | コメント (0)

2009.10.07

73-7 JR高知駅(高知市)

737skkkce

鉄道で高知に降り立って、初めて目にするのがこの風景です。

高架化にともなって、2008年に完成したばかりのこの駅舎は、JR四国の駅の中で最初に自動改札機が導入されたという、モダンで都会的な空間です。

そして何より特徴的と言えるのが、駅舎全体が木製のドームで覆われていることでしょう。この木材には地元の杉の木が使われているそうで、林業県である高知の地域性をアピールする役割も担っています。(市街地中心部には、同様に木製のアーケードで覆われた商店街もあります。)現代的な中にも、懐かしさとあたたかみのようなものが感じられる駅です。

7回にわたってお送りしてまいりました「アーバン・ツアーズ 2009秋の祭典SP 四国の風景」も今回で最後です。アクセスいただき、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.06

73-6 日曜市(高知県高知市)

736skknyi

高知の中心市街地では、ほぼ毎日のようにどこかで市が立っているようですが、その中でも最も大規模なのが、高知城に通じる並木道・追手筋の片側車線を開放し、1km以上にも渡って行われるこの「日曜市」です。

東側から入っていくと、さほど幅の広くない道の両側には背の低いテントが所狭しと並び、陰になって薄暗いその狭い隙間を人混みが静かに、ゆっくりと進んでいくという不思議な雰囲気です。売られているものは様々ですが、特に食べ物には高知の地域性が感じられて非常に興味深かったです。なぜか餅を中心とした和菓子を売る店が妙に多かったり、生姜を入れて飲む「冷やし飴」なる不思議な飲料が売られていたり、極め付きは「田舎寿司」です。魚の代わりに、タケノコやこんにゃく、みょうがといった山の幸を乗せた「寿司」で、見た目はなかなかきれいなのですが・・・果たしてそんなものが美味いのでしょうか・・・? ちょっと気になります。

そんな日曜市も、画像のように城の入口に近い西側の方では、強い日差しと、よく生い茂った並木の下で、カラフルなパラソルを立てて植木や花を売る店なども増えてきて、空間がちょっと開放的になり、南国の街らしいムードが感じられるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.05

73-5 桂浜(高知県高知市)

735skkkrh

この高知市内にある観光地は「月の名所」なんだそうです。・・・月なんてどこで見たって同じ形では?と思い意味がわからなかったのですが、実際行ってみると、この画像を撮影した小さな神社のある小高い岩場が描くスカイラインや、カーブする波打ち際を額縁のように見立てると、月も格好よく見えるのかもしれない、などと思いました。海水浴に適したビーチではないようですが、外海に直接面した浜に打ち寄せる、透き通った色の波は激しく、心地よい響きを奏でていました。

あと、坂本龍馬の像が建っているので、龍馬好きの方にとっては聖地なんでしょうね。私は特に興味がないのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.04

73-4 長生沈下橋(高知県四万十市)

734skkckb

「日本最後の清流」四万十川流域の風景です。

「沈下橋」とは、この地域によく見られる、増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことで、四万十川流域らしい景観資源となっています。

画面右側の河川敷に白いトラックが停まっているのが小さく見えているかと思いますので、スケール感を確認していただきたいのですが、欄干のない橋というものは風景の中で実にシンプルに見えて、山や川といった大自然に心身ともに委ねているといった、そんな印象があります。

幅員3mほどのこの橋を、実際に自転車で渡ってみたのですが・・・橋の上で車とすれ違う時には、そうそう落ちることはないとはわかっていても、なかなかの恐怖感が味わえます。高所恐怖症の方には渡るのをあまりお勧めできない橋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.03

73-3 ポコペン横丁(愛媛県大洲市)

733skkozu

大洲は「伊予の小京都」と呼ばれる城下町です。人口は5万人足らずで、「小京都」「城下町」とは言え、市街地は小ぢんまりとしていて、1時間もあればすべて歩き回れてしまうほどです。遠方からわざわざこの街だけを目指して訪れるほどの観光地ではないと思うのですが、松山や、前回(73-2)取り上げた内子を訪れたついでに立ち寄る分には、歴史の趣きが感じられるなかなか魅力的な街なのではないかと思います。

そんな大洲の街なかに突如現れる、昭和30年代の横丁の雰囲気を再現した小さなテーマパークのような空間が、このポコペン横丁です。昭和を感じさせる風景の中で、当時の昔懐かしい駄菓子屋の食べ物や、TVゲーム等なかった頃の子供の遊びが楽しめる、この街の静かでのんびりとした空気感にマッチした楽しい小宇宙です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)