J-17 沖縄

2014.09.27

84-20 小浜島の港(沖縄県竹富町)

8420yyipki

シリーズも今日でとうとう最終回となりました。

当初は石垣島と竹富島のみが目当てだった私の八重山諸島の旅でしたが、スケジュールに余裕があったので、西表島(と由布島)にまで足を伸ばしてみました。そして、石垣島を出る飛行機の出発時刻までにもまだ余裕があったので、せっかくならNHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台となったことで脚光を浴びた小浜島(こはまじま)を経由する便に乗って石垣島へと戻ってみることにしました。上陸(船が停泊する間のほんの一瞬、下船して足を踏み入れただけですが)の記念に撮ったのがこのショットです。

特に語りたい事がある訳でもないのですが…画面中央に立つ男性のボロ・シャツについて一言。この方は八重山諸島内の海上交通を担う企業の一つ「石垣島ドリーム観光」の乗組員で、このポロ・シャツは同社の制服な訳ですが、こんなどぎつい紫色のシャツを制服に採用するという色彩感覚が、関東地方出身の私にとってはちょっと新鮮でした。よく日焼けした海人(うみんちゅ)の肌にはこんな濃い色がよく似合う、ということなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.25

84-19 亜熱帯植物楽園(沖縄県・由布島)

8419yyispp

由布島の「亜熱帯植物楽園」は、1969年に島を襲った台風によって島民がほとんど亡くなってしまったり、移り住んでしまったりした後、島に残った夫婦が椰子の木や花をたくさん植え続けてできた施設です。素人がほぼ手作りで造った植物園と聞いていたので、大した期待はしていなかったのですが、それにしては良くできているなぁ、と思いました。ランドスケープとしての完成度だけなら、東京湾岸にある世界的に有名なテーマパークにも引けを取らない…と言ったら大袈裟過ぎるでしょうか?

亜熱帯の植物以外にも、水牛やイノシシといった動物や色鮮やかな蝶を見ることができたり、お洒落な雑貨屋を思わせるような貝類の展示施設があったり、かつてこの島に存在した学校の面影を感じることができたり、子どもが遊べるフィールド・アスレチック施設があったり、とアトラクションもいろいろで、そこそこ楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.24

84-18 由布島の水牛車(沖縄県竹富町)

8418yyibcy

由布島(ゆぶじま)は、西表島とは400m離れた浅瀬で隔てられた島で、周囲2km足らずの小さな島全体が観光客向けの亜熱帯植物園となっています。西表島との間はこの近さ、この浅さなので、海中にどこか頼りなげな電信柱が何本も建ち並んで電線を渡していたり、地元の方が長靴を履いて海中を歩いて渡っていたり(しかも私が見た時は大雨の中、傘を差して!)、車高のある四駆が海水の抵抗を受けながら、ゆっくりと静かに進んで渡って行ったり…という驚愕の光景が見られます。

そんな浅瀬を、島を訪れる一般の観光客は、このような水牛が引く車に乗って15分ほどかけて渡って行きます。画像右手奥に見える、対岸の西表島側にはカラフルな雨除けテントを付けた水牛車が何台も待機していますが、観光バスが同時に何台も到着すると島へと一斉に向かってくる水牛車の群れは、何だか騎馬戦車隊の襲撃を受けているような錯覚にとらわれそうなほどの迫力があります(スピードはかなりのんびりですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.23

84-17 大原港(沖縄県・西表島)

8417yyipoo

八重山諸島の中心地・石垣島からの高速船が発着する、西表島の玄関口の一つです。西表島は地理的に日本の南端である沖縄県の、その中でもさらに最果てに位置しており、天然記念物「イリオモテヤマネコ」が棲息していたり、島の大半が亜熱帯の原生林に覆われていたりして、「秘境」というイメージがあったのですが、石垣島からは頻発する高速船に乗れば40分程度で到着し、1日数便しかない島唯一のバス路線との接続もスムーズなので、離島的な不便さは全く感じられませんでした。

八重山諸島の港湾施設は、気のせいかどれも似たような形の色違いに見えるのですが、この大原港のイメージ・カラーは「朱色」のようで、小山のような赤瓦屋根のターミナルへ向かって真っ直ぐ延びる桟橋上屋の柱と梁は、京都の神社の(私はTV等でしか見たことがないのですが)建ち並ぶ鳥居のような神々しさが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.21

84-16 カイジ浜(沖縄県竹富町)

8416yyikjb

竹富島の土産物として人気のある、星の形をした「星砂」が島で唯一取れる場所が、このカイジ浜です。

この海岸で、いいな、と思うのが、画像からもわかるように海沿いまで防風林(防砂林?)が迫り、上空にせり出すことで、南国の強烈な陽射しを遮り、砂浜に影を落としてくれるおかげで、涼しく散策できることです。ただし、ここは遊泳禁止ですが。

竹富島には、大型バスが何台も連なって観光客が押し寄せるような大げさな観光名所はありませんが(もちろん、キャパシティの問題はあるにせよ)、「自分だけのお気に入りの場所」と愛着を感じられるような、小粒でも個性的な景観資源が、徒歩、あるいはレンタサイクルで回れる範囲内にいくつも点在しているところが魅力なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.20

84-15 コンドイ浜(沖縄県竹富町)

8415yyikdb

竹富島で海水浴をしたければ、ここが最適なようで、「南の島のビーチ」と聞いて誰もがイメージするような、透明感のあるブルーの海と白い砂浜の風景が広がっています。

ただ、あまりにも果てしなく浅瀬が続いているため、干潮時には身体を水に浸けるのさえ苦労するほどです。そして、黒い楕円形の石のような形をしたナマコがうじゃうじゃいるので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.19

84-14 西桟橋(沖縄県竹富町)

8414yyiwpr

今回から3回連続で、竹富島の海岸沿いの魅力的なスポットを紹介していきます。

表面のコンクリートがひび割れて、日常的に船が出入りしている気配もないような(石垣島等と結ぶ高速船が発着する港は、島の北側に別にあります)、寂れた素朴な桟橋ですが、「西」とつくだけに、竹富島随一の夕陽スポットとして観光客には人気のようです。こんな桟橋が何のために存在するのかというと、農耕に適さないこの島から西表島まで耕作に通うための船の発着場として、昭和13年に造られたものなのだそうです。

夕陽の名所として人気のビーチに隣接している、花と緑に囲まれた小さく美しい村、という竹富島の構図は、何だか米国・北カリフォルニアのリゾート地、カーメル・バイ・ザ・シーを思わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.18

84-13 竹富島一周道路(沖縄県)

8413yyitcr

竹富島の市街地、というか集落は、海岸沿いではなく、島の中央部にありますが、その集落に車を乗り入れさせないようにする目的で造られたと思われるのが、この海岸沿いの環状道路です。しかし、現在、集落に近いさらに内側に新しい環状道路が整備されているため、集落から離れたこちらの古い道路は未完のまま、ほとんど使われなくなっており、舗装はボロボロのまま長期間放置されているように見受けられ、下手をすると、歩道と街路樹が一応整備された「ちょっと立派なけもの道」といった風情です。私がここをレンタサイクルで通った際は、車どころか観光客とも地元の方とも全く出逢うことなく、ただ風の音と、鳥や虫の声だけが聞こえる、のどかな時間だけが過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.17

84-12 竹富小中学校(沖縄県)

8412yyitej

敷地全体を芝生に囲まれた、島にたった一つの学校のエントランスまわりは、「校門」という言葉の響きから連想されるような無機質さや殺風景さとは無縁の、色鮮やかな花々に囲まれた花畑のような華やかさで、門に設けられた屋根の上までご丁寧に花で飾られています。

ちなみにこの学校は、沖縄県内の各小中学校の校門や周辺に植花を呼びかけ、「フラワーアイランド」としての郷土づくりを目指す「沖縄花のカーニバル2012・花メッセージコンテスト」(沖縄観光コンベンションビューロー主催)で「沖縄タイムス社賞」を受賞した、らしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.16

84-11 なごみの塔(沖縄県竹富町)

8411yyinnt

高い山がなく、全体的に平坦な竹富島の、集落の中心に、ほんの少しだけ高くなった「あか山丘」と呼ばれる、児童公園ほどの広さの芝生のオープンスペースがあります。その中の大岩を集めたような小山の一角の、粘土細工で作ったようなコンクリート製の、公園の滑り台程の高さの「展望台」が「なごみの塔」で、以前の記事の画像(84-9)はこの上に昇って撮ったものです。

元々は放送台(といっても、何かあればこの頂上に昇りメガホンで集落内の住民に怒鳴って連絡するという非常にアナログな…)として造られたというこの展望台は、画像からもわかるように、大人2人が何とか同時に上っていられるほどの小ささです。しかもそこへ至る階段は狭く、急で、滑りやすく、普通に上り下りするだけでも危険すら感じるほどで、観光施設としてはあまりにも不親切です。

小さな集落の中の、小さな広場に建つ、とても低い展望台。何もかもが小ぢんまりとしたスケール感は、小さな島に似つかわしい、愛すべきランドマークと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)