J-13 山陽

2013.08.30

80-20 犬島アートプロジェクト「精錬所」(岡山市)

8020foyiap

今回のシリーズで取り上げてきた(80-1417)近隣の直島同様、ベネッセコーポレーションによる現代アート活動の一環として、自然エネルギーを活用した建物(画像中央のガラス屋根の下)を設け、現代アーティストによる作品として活用しているユニークな美術館が、島の海沿いの銅の精錬所跡に立地しています。展示作品はトリック・アートのようで面白いな、と思う反面、精錬所とはあまりテーマに関連がなさそうで、わざわざここに作る必然性が私には感じられなかったのですが…。

太古から変わらぬ瀬戸内の海と島々の自然と、近代の精錬所の遺構、そしてガラスを用いた現代建築の造形という全く異なる要素が共存する不思議な風景です。それにしてもこんな静かで美しい島に銅の精錬所なんていう物騒な施設を誘致してしまった明治時代の人の発想には驚かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.29

80-19 犬島の近代化産業遺産(岡山市)

8019foymih

100年前の明治末期に稼働し、その後は廃墟となってしまった銅の精錬所の跡の風景です。構造物が朽ち果て、海岸から陸に向かって空間全体が階段状にセットバックしている様子が古代遺跡のようで、在りし日はどのような風景だったのか想像もつかないところがミステリアスで、歴史ロマンをそそられます。銅の精錬過程で発生する鉱滓からなる「カラミ煉瓦」という独特の黒っぽい煉瓦の色合いに、渋く落ち着いた温もりが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.28

80-18 犬島の海岸(岡山市)

8018foybij 

「犬島」は、面積約0.6km²、人口約100人という小さな島です。岡山市の政令指定都市化にともない、「東区」というアーバンな響きのする住所が与えられたにもかかわらず、市中心部からこの島へのアクセスは非常に悪く、時刻表を調べようにもウェブサイトもないような個人事業主の方(?)が運営する小さな連絡船が1日に数往復、ちっぽけな「船溜まり」のような本土側の「宝伝港」と島を結ぶのみです。その「宝伝港」へのアクセスはさらに悪く、最寄りの鉄道駅からタクシーを使うと3,000円以上もかかってしまうような僻地にある港へ行けるバスの本数は船よりも少なく、接続は最悪という有様で…。

そんな島に何を求めてわざわざ訪れるのかというと、この島にはかつて銅の精錬所があり(画像奥にその一部である煙突が見えています)、近年では近隣の直島同様、ベネッセコーポレーションによりその遺構を活かしたアート・プロジェクトが展開されており、少なからず観光客の訪れる島となっているのです。(※これについては、次回以降詳しく取り上げる予定です。)

画像は、本土からの連絡船が着く犬島の港と「精錬所」の間に位置する、海岸に面した広場のような場所で、カフェを備えた「精錬所」のチケット・センターがあり、島のエントランス・ホールのような役割を担う空間と言えるでしょう。護岸に並べられ、敷き詰められた岩はもともとある自然の風景には見えず、明らかにアート・プロジェクトに合わせた景観整備が行われたのではないかという様子がありありと窺えますが、この白っぽい岩、短く刈りそろえられた芝生、そして遠くに見える古い煉瓦造りの煙突…といった荒々しく、物寂しい雰囲気がどこか日本離れしていて、英国やアイルランド等の海岸沿いの風景のように見えるのが(私は行った事がないので、あくまでイメージですが)、なんだか不思議な感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

80-13 仙酔島の遊歩道(広島県福山市)

8013foyssj

仙酔島は対岸の鞆(とも)から市営渡船に乗って5分でアクセス可能な外周約5kmの無人島で、島内にはホテルや国民宿舎・キャンプ施設等がある、行楽の島です。

島の海岸沿いには画像のように遊歩道が整備されているのですが、注目していただきたいのはその海面からの高さで、これほどまでに海面すれすれを歩いて、海を身近に感じられるのは、波の静かな瀬戸内海ならではの体験でしょう。似たような遊歩道は、関東地方で言えば、たとえば江ノ島の南側等にもありますが、外海に直接面していて、強い波が打ち付ける海岸では、こんな高さではとても造れないでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.20

80-12 対潮楼から見た仙酔島(広島県福山市)

8012foytcr

江戸時代に朝鮮通信使の迎賓館となったという建物から、鞆の浦の対岸にある仙酔島(次回取り上げる予定です)などの島々を望む風景です。この地は日本で最初に国立公園に指定された、数少ない地区の内の一つなのだそうです。仙酔島とは「仙人が酔ってしまうほど美しい」という意味らしく、また、この部屋には「日東第一形勝」(朝鮮より東で最も美しい景勝地)という文字が額縁に掲げられています。

・・・と随分大袈裟にも思える肩書きがたくさんついていますが、瀬戸内海の多島美は遠近に折り重なる島々の稜線の姿が空に浮かぶ雲のようにも見えていいですね。

ちなみに、この建物内では、窓枠を絵の額縁に見立てて風景を眺めるよう推奨されているので、それに従って写真を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

80-11 鞆の浦の路地(広島県福山市)

8011foyatu

前回(80-10)の記事と同じ通りの違う場所で撮ったショットですが、こちらの方がごちゃごちゃとした生活感が垣間見えて、より鞆の浦らしい魅力が出ているな、と思い、こちらの画像も投稿してみました。このショットは、水を撒かれた昔ながらの物と思われる石畳、時の流れを感じさせるような色褪せた黒い板塀や木製の電柱といった下町っぽさがいいですね。鞆の浦はヨーロッパの小さな古い街に似て、車社会の到来など思いもつかなかったかのように、人がすれ違うのがやっと、というような狭い路地が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

80-10 鞆の浦の路地と常夜燈(広島県福山市)

8010foyjyt

鞆の浦(とものうら)は、福山の中心市街地から約30分バスに揺られて到着する瀬戸内海沿岸の、かつては「潮待ちの港」として知られた古い小さな港町で、最近では宮崎駿監督映画「崖の上のポニョ」の着想を得られた街としても有名です。

この街、観光目当てにわざわざ訪れるにはちょっと物足りないというか・・・とても小さくて、ちょっと雑然としています。鞆の浦のシンボルである「常夜燈」を遠くに望む路地を撮ったこのショットは、割とニッポンの古い街らしい落ち着きを感じるような整然とした街並みに見えるかと思うのですが、鞆の浦の魅力的な風景はこの通りを中心とするほんの狭い範囲に限られます。また、「常夜燈」ですが、周りの背景があまりにもごちゃごちゃとしていて、どのアングルから撮ってもあまりきれいに画面におさまらないのです。鞆の浦にとって歴史的に最も重要な街の「軸」と思われるこの通りから常夜燈を見ようとすると、ちょうど邪魔な位置に電柱が立っていますし・・・ちょっと景観資源の扱い方が雑な点が、観光地としてはユルいなぁ、と思ってしまいます。

少し鞆の浦について悪く書き過ぎてしまいましたが、次回の記事でちゃんとフォローする予定です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.17

80-9 JR福山駅南口(広島県)

8009foyfsp

今度は、岡山から西へ向かい、県境を越えてすぐの広島県福山市にやって来ました。

福山市は約46万人と県庁所在地並みの人口を擁し、世界有数規模の製鉄所を展開するJFEスチールをはじめとした多くの大企業が立地する西日本有数の大都市で、JR福山駅には山陽新幹線の最速達列車「のぞみ」も停車します。

そんな福山市の玄関口となる南口の駅前は、建ち並ぶビル群が近代的で清新な都会っぽい風景です。駅前広場はつい最近の平成24年3月に整備されたばかりで、2層構造の地下部分には一般車専用の送迎・駐車スペースまで備えているのですが、福山は「バラ」で有名な街らしく、駅前広場にもアーチの付いたちょっとしたローズ・ガーデンが整備されて、駅に降り立つ人々に地域性をアピールしています。

ところで、線路を挟んで反対側の北口に出てみると、駅前にいきなり天守閣が現れて、度肝を抜かれます。この駅は福山城の真ん前、というよりは城の中という立地に造られているらしく、この南口には石垣の遺構も一部保存されています。

・・・等々、情報満載の駅前広場の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.15

80-8 吹屋の街外れ(岡山県高梁市)

8008foygof

吹屋の集落のはずれの風景です。行き交う人もいない細い山道、野草に囲まれた、住む人の気配も感じられない民家、茅葺きの古い建物、右から左に書かれた昔ながらのホーロー看板(「中将湯」という、100年以上も前から現在に至るまで販売されている婦人病の薬らしいです)・・・当サイトのタイトルにある”URBAN”な要素が一つもない、絶望的なまでに田舎っぽいこの風景に妙に心惹かれて、わざわざ取り上げてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

80-7 旧吹屋小学校(岡山県高梁市)

8007foyfes

平成24年に廃校となるまでは国内最古の現役木造校舎として知られていたこの小学校校舎は、縦・横のラインがフリーハンドで描かれたように微妙に歪んでいて、そんな手づくり感が魅力的な建物です。

この小さな校舎から階段を下りた場所にある校庭は、学校の「前庭」としてはちょうどよい感じの広さで、昔の学校の校庭はこのくらいのスケールで良かったんだろうな、と思う一方で、現代の体育の授業や運動会を実施する上で100mの直線トラックが確保できないというのはどうなんだろう? ・・・などと余計な心配をしてしまったのですが、よくよく見ると校舎の横(画像より左側)にかなり広々とした運動場が用意されているのに気づいて、ちょっと安心したような、がっかりしたような・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)