O-4 マカオ

2014.04.27

83-24 シティ・オブ・ドリームス(マカオ)

8324mcocod

「シティ・オブ・ドリームスは」カジノ、ホテル、劇場等のエンターテインメント施設からなる巨大なコンプレックスです。当サイトでは、公共性の低い施設の屋内空間はなるべく取り上げないようにしているのですが、この「ブルバード」と呼ばれるショッピング・モールの不規則に波打つ天井や壁、煌びやかな照明とゴージャスなカーペットが魅力的だったのでご紹介してみました。

マカオは他と比べると妙に質屋、両替商、そして宝飾店、時計店が多い街です。それはおそらくカジノが主産業となっていることと大きく関係していて、つまり質屋や両替商はギャンブルの軍資金を稼ぐために、逆に宝飾店、時計店はギャンブルで勝ったお金を使うための捌け口として機能しているのでしょう。だから、このように高級そうなショッピング・モールがいくつも有っても成り立つというわけです。

この「シティ・オブ・ドリームス」についてもう一つ特筆すべきなのは、マカオの空港、各フェリー・ターミナル、中国との国境、そしてマカオ半島中心部等、各方面とを結ぶ無料シャトル・バスのための専用ターミナルを備えており、しかもそれらは宿泊客でない一般の人間でも気軽に利用できるということです。それだけのコストをかけてでもカジノへの集客を図りたいということでしょう。そしてそれに見合った収益もちゃんと得られているのでしょう。

香港を11回、マカオを24回の長きに渡ってご紹介してきた当シリーズも今回で終了です。全部読んでくださった方、おつかれさまでした(記事を投稿してきた自分にも言ってあげたいです…)。そして、ありがとうございました。またいつかお会いできる日を楽しみにしております。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.26

83-23 コタイ地区のカジノ・ホテル群(マカオ)

8323mcocts

前回(83-22)取り上げた「タイパ・ハウス・ミュージアム」の目の前にはこのような光景が広がっています。かつてここはタイパ島の南端にあたり、海に面していたのでしょう。その名残が手前の湿地帯のような場所で、野生動物たちのためのサンクチュアリとして保全されているようです。そして市政公園(83-21)等も含め、一帯は自然と歴史を感じられ、散策が楽しめる大きな公園のように整備されています。

そして現在は、対岸にあったコロアネ島との間の水域が埋め立てられ、両島の頭文字を取って「コタイ」と名付けられた地区には、画面左側からメタリックに輝く「シティ・オブ・ドリームス」、画面中央に3棟並んだ「サンズ・コタイ・セントラル」、画面右端に見切れている「ザ・ヴェネツィアン」等、大規模なカジノ・ホテル群が次々と建設されています。遠くに聳えるこれらの建物はリアリティを逸脱したような巨大さで、海に浮かんだ蜃気楼のようにも感じられます。

ちなみに画面の上から垂れ下がっている細い糸のようなものは電飾のようです。クリスマスが近くなるとここの夜の風景は美しい光で縁取られるのでしょう。

今回のマカオ・シリーズ、ここで終了してもよいのですが、せっかくなのでコタイ地区まで足を伸ばして、もう1回分記事を投稿してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.25

83-22 タイパ・ハウス・ミュージアム(マカオ)

8322mcothm

20世紀初め頃まで、タイパ島はマカオ半島に住むポルトガル人の別荘地だったそうです。島の南側の、かつての海岸線に沿って5つ並んだこの建物群もその名残で、1920年代のポルトガル人政府要人の住宅を修復し、一般公開しているものです。

ペパーミント・グリーンと白の外観で統一されたこれらの建物は、いずれも日本の一般的な一軒家くらいの大きさ程しかないのですが、大きな宮殿をぎゅっと凝縮したような華やかさと可愛らしさがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.24

83-21 市政公園(マカオ)

8321mcompp

前回(83-20)のカルモ教会に隣接し、次回取り上げる予定の「タイパ・ハウス・ミュージアム」の裏手にあたる小高い丘の上にある、ガイド・ブックにも紹介されないような小さく静かな公園です。ベンチが設置されたパーゴラ(藤棚)の周囲に植えられた花の色の華やかさ、鮮やかさが、マカオの温暖な気候風土を感じさせます。

…しかし、そんな美しく、長閑なはずの公園の風景に威圧的なまでの緊張感をもたらしているのが、背景に聳え立つアパート群の信じられない程の高さと密集ぶりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.23

83-20 カルモ教会前の広場(マカオ)

8320mcoinc

タイパ島の丘の上に建つ小さな教会です。

私がコメントしたいのはこの教会についてではなく、周囲をクリーム・レモン色の建物に囲まれたその前の四角い広場についてです。この中央部は一応車が通り抜けられるようになっているのですが、逆S字型の車両の通行部分と歩行者空間をはっきり分けてしまうのではなく、全体をバラの花を象ったような石畳で一体的に舗装しています。そしてボラード(車止め)を並べて建てるのではなく、花壇を並べて設置することで空間を柔らかく、そして美しく仕切っているところに好感が持てます。何かイヴェントがある時には車両を通行止めにし、花壇を動かして空間を広く一体的に使うこともできるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.22

83-19 官也街(マカオ)

8319mcordc

今回から、マカオの中心である半島部とは別の顔を持つ、タイパ島の風景をご紹介していきます。タイパ島はマカオ半島から2.5km離れた南の沖合にあり、半島と3本の橋で結ばれた小さな島です。かつてはそれぞれに小高い山を有する2つの島からなっていましたが20世紀初頭の埋め立て工事によって繋げられ、新たに生まれた埋立地には高層アパート群が次々と建設されてマカオのベッド・タウンとして機能しているようです。

私がタイパ島南部にある「タイパ・ハウス・ミュージアム」(後日取り上げる予定です)付近の丘の上を散策していると、突然眼下に現れたのがこの空間です。西洋風の街灯とフラワー・ポットで飾られた石段の下は細い路地が入り組んだ迷宮のような「タイパ村」の市街地で、埋め立てが進む前は小さな漁村だったのだそうです。石段を降りると小さな広場の先に続く細い通りが「官也街」で、土産物屋や飲食店の派手な看板が並ぶその姿に、店舗が開く前のこの時間でさえも、タイパ村のメイン・ストリートらしい賑わいを感じることができました。そしてそのさらに奥に聳え立つ、それほど高級そうにも見えない高層アパート群は、この世の物とは思えないほどの高さです。

複雑な地形とごちゃごちゃした古い街、そしてその奥の新市街地の高層建築群が混然一体となった、何とも摩訶不思議な風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.20

83-18 珊瑚色の邸宅街(マカオ)

8318mcofbh

海を望む眺めの良い、日当たり抜群の南斜面という立地条件を考えれば当然なのかもしれませんが、このところ連続してご紹介してきた(83-1417)ペンニャ教会の麓付近は、地元のカジノ王等も居を構えるマカオ随一の邸宅街のようで、中には門の前を警備員が常にガードしているような物件もあります。豊かな緑とともに大きなお屋敷を取り囲んでいる重厚な外構は、なぜか邸宅の建物と同様珊瑚色に彩られていて、一帯の風景を華やかなものにしています。

開設以来、どういうわけか高級住宅街を扱った記事へのアクセスが多い当サイトに、また一つ新たなネタを追加してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.19

83-17 ペンニャ教会から見た西灣大橋(マカオ)

8317mcopsv

前回(83-16)の画像の方角からアングルを少し西に向けたショットです。丘の上から見た海岸線と水域の眺めの美しさは、マカオ随一と言えるでしょう。マカオ半島と対岸のタイパ島を結ぶ画面左側の西灣大橋の2つの支柱を見ていると、首都圏在住の私は横浜ベイブリッジを連想してしまいます。橋の奥には中国本土の山並みも見えています。そろそろ当シリーズはマカオ半島を離れ、橋の向こうのタイパ島の風景をご紹介していこうと思います。

…が、その前に、この丘の上から見える、画面手前の緑の中に点在する珊瑚色の建物群がとても気になり、丘を下ってこの一帯を歩いてみたくなってしまったのです。続きは次回…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.18

83-16 マカオタワーと西灣湖(マカオ)

8316mcomtw

引き続き、ペンニャ教会からの眺めをご紹介しております。橋や砂州状の土地によって分割された水域が奥行きを感じさせる風景です。

マカオ半島とその南側の沖合に浮かぶタイパ島(画面左側の高層建築が並ぶマカオ領の島)の間の海域と、かつては海だった手前の西灣湖に挟まれ、細長く埋め立てられた土地に建っているのが、2001年に完成した高さ233mのマカオタワーです。

このタワーは、マカオ同様、カジノ都市として世界的に有名な米国・ラスヴェガスにあるストラトスフィア・タワーと同じデザインなのだそうです。マカオの都市開発はラスヴェガスを強く意識しているのか、タイパ島とそのさらに南側にあったコロアネ島との間の水域を埋め立てて造成され、大規模なカジノ・ホテル群が建ち並ぶコタイ地区のメイン・ストリートは、ラスヴェガスのザ・ストリップにあやかって「コタイ・ストリップ」と名付けられています。旧来からの市街地であるダウンタウン地区とその南に位置する新興のストリップ地区との中間に位置するストラトスフィア・タワーと、このマカオタワーは位置関係までそっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.17

83-15 ペンニャ教会から見たマカオのスカイライン(マカオ)

8315mcomsl

ペンニャ教会までの徒歩での道のりはハードですが、そこからの眺めを考えれば、十分に登る価値があると言えます。この画像の方角には、マカオ中心部に林立する高層ホテル群の眺望が楽しめます。

そのスカイラインの中でも一際目を引くのが画面左端、先日(83-1)ご紹介したリスボアの向かいに建つ高さ258mのカジノ・ホテル「グランド・リスボア」です。球体を上から押し潰したような基壇部(この画像では見えませんが)から上へと向かって広がっていく、建物というよりは巨大化した植物のような、とにかく不気味なほど奇抜なそのフォルムは、マカオの象徴である「蓮」をモチーフにしているのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)