O-5 中国本土

2018.01.14

94-35 南宋御街・その4(中国・杭州)

9435hzcny3

「南宋御街」は、いくつかのブロックを貫く通りですが、各ブロックの両端には門が設けられていて、この画像の奥にもそれが見えています。その門は、商店街等の入口に設けられるゲートのように、来街者を迎え入れるためのものというよりは、開口部がわずかに絞られた、どちらかというと「壁」のような造りです。「御街」には「皇帝専用の道」という意味があるらしいのですが(皇帝だけを対象とした商店街で果たして経営が成り立つのでしょうか?)、通りをわざと閉鎖的な空間にして皇帝の神秘性を高めようとしているかのようにも思えます。

 

昨年末からの長きに渡ってお送りしてきた、中国シリーズ第2弾「蘇州・杭州の風景」も、この投稿を以って終了となります。お付き合いいただき、ありがとうございました。またいつかお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

94-34 南宋御街・その3(中国・杭州)

9434hzcny3_2

南宋御街沿いの建築のファサード(正面)は、アーチが多用されているなど、窓周りやバルコニーのデザインが装飾的です。観光客向けなのか、河坊街同様、通りにはいくつものワゴンが並んでいて、祝祭的な空間となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

94-33 南宋御街・その2(中国・杭州)

9433hzcny2

「南宋御街」は、歩行者天国となっていて、通りの中央には水路が設けられているのが特徴的です。水路際には花を咲かせたプランターやベンチが置かれていて、広場的な造りです。混雑する賑やかさが楽しい河坊街とは異なり、人通りがそれほど多くなくゆったりとしていて、街並みに似つかわしい落ち着きが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

94-32 南宋御街・その1(中国・杭州)

9432hzcny1

前回まで(94-2831)ご紹介してきた「河坊街」を歩いていた時、突如遭遇した交差する通りの風景に、私は衝撃を受けました。ガイド・ブックにすら紹介されていないその通りが、スペイン・バルセロナのランブラス通りを思わせるような、立派な石造りの建築に囲まれた華やかな並木道だったからです。それがこの「南宋御街」です。

この通りも、河坊街同様、21世紀に入ってから南宋時代の街並みを再現して整備されたらしいのですが、河坊街はあくまで中華風なのに対し、こちらは看板類こそ漢字で書かれていますが建築は西洋風と、その趣はなぜか全く異なります。そして通り沿いにはホテルや貴金属店、ブティック等が建ち並び、河坊街よりもやや高級な商業エリアと位置づけられているようです。

この通りについては、もう少しご紹介を続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

94-31 河坊街の横丁(中国・杭州)

9431hzcaah

河坊街の、脇に入った横丁の風景です。ここは…旅館街なのでしょうか? それぞれの建物が競い合うようにでかでかと看板を掲げ、視界が漢字で埋め尽くされています。漢字って、アルファベットなどと比べて形が複雑で密度が高いからなのか、妙に威圧感がありますね。しかもそれが電光掲示なので、機械的な冷たさも加わります。私のように中国語に明るくない日本人でも、一応読める漢字はあるし、見覚えのある簡体字もあるのですが、文章になると全く意味が通じないという中途半端な理解力の身にとっては、何だかよくわからないけど、何かを強烈に訴えられているという、不安感を煽られる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

94-30 河坊街の街並み(中国・杭州)

9430hzcash

この「河坊街」の街並みに限らず、中国の古い建築というのはやはり日本のそれとよく似ているというか、共通点が多いように思います。この沿道の建物群も、2階の隣家との境の部分に日本建築でいうところの「うだつ」のような意匠が設けられています。

一方で、日本建築の窓の格子といえば、縦に並ぶパターンが多いと思うのですが、ここでは斜めの枠が入っていたり、より複雑な模様になっていたりして、そんなところに日本とは異なるエキゾティックさが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

94-29 河坊街の入口(中国・杭州)

9429hzceoh

昨日からお送りしている「河坊街」の歩行者天国の入口付近の風景です。来街者を迎え入れるかのように、街路上空が真っ赤なランタンで覆い尽くされています。それも、画面左側に映っているような、中華圏の他の場所でもよく見かける潰れた球形のものではなく、多角柱型というところがシャープで現代的な感じがします。夜空に無数の赤い光が浮かぶ様はさぞ華やかだろうな、と想像してしまいます。

 

あ、それからおそらく、今回の投稿を以って、当サイトでの風景のご紹介はちょうど通算1,000件目となる模様です。1,000かぁ…。1,000ねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.06

94-28 河坊街(中国・杭州)

9428hzchfs

杭州の古くからの繁華街である「河坊街」は、近年になって南宋の時代の街並みを再現した、両側にレトロな建物が並ぶショッピング街です。土産物屋や飲食店に加え、多くのワゴンも立ち、観光客で賑わう楽しい歩行者天国となっており、日本で言うと伊勢神宮内宮の参道にあたる「おはらい町・おかげ横丁」のような寺社の門前町にちょっと雰囲気が似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.04

94-27 西湖天地(中国・杭州)

9427hzcwlp

西湖東岸の、杭州の市街地中心部から最も近い場所が、湖に面した庭園のように整備されていて、木々の中に埋もれるかのようにコテージ風の建物がいくつか点在するというスタイルの、ゆったりとした雰囲気のレストラン街になっています。画面左側にはそのテラス席の華やかなテントが見えていますね。水辺に面した立地と建物のスケール感は米国・サンディエゴのショッピング・モール「シーポート・ヴィレッジ」を彷彿とさせます。

ちなみにここを開発したのは、以前何回かに渡ってご紹介した上海の「新天地」と同じ事業者で、都市中心部とアーバン・リゾート(?)と立地環境は全く異なりますが、空間づくりに共通するセンスの良さが感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

94-26 柳浪聞鶯公園の柳並木(中国・杭州)

9426hzcwts

西湖の畔にある「西湖十景」の内の一つ「柳浪聞鶯」の名の由来となった、水辺の柳並木の風景です。上空から垂れ下がる暖簾のような柳の枝葉が陽射しを柔らかく遮る様が、涼やかで、爽やかです。

中国・江南地方の都市(上海、蘇州、杭州)では街中に柳の木が多く植えられているようで、春になるとタンポポの綿毛のようなその種が、日本で言うところの桜吹雪のように無数に空中を舞い散っていて、とても風情が感じられます。まあ、それが目や口や鼻の中に入ったら不快でしょうし、塊になった種が地面に落ちて綿埃のように転がっているのはあまり美しくありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧